機巧伝(きこうでん)神使記紀図(カミツカワシメノキキエ)/Sacred Scrolls of the Gizmek Legend》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から、攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは裏側表示で除外する。
(2):攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターが召喚・特殊召喚される度にこのカードにカウンターを1つ置く。
(3):このカードのカウンターの数が10以上の場合、
攻撃力と守備力の数値が異なるフィールドのモンスターは効果を発動できない。

 DAWN OF MAJESTYで登場したフィールド魔法
 デッキトップ3枚からの数値が同じ機械族手札に加え、残りを裏側表示で除外する効果の数値が同じ機械族召喚特殊召喚された際に自身にカウンター置く効果、10以上のカウンターが置かれている場合にの数値が異なるフィールドモンスター効果の発動を封じる効果を持つ。

 (1)はが同値の機械族モンスターサーチできる効果
 そのままでは不確定だが《機巧蛙−磐盾多邇具久》などでデッキトップ操作ができれば確定で手札に加えられる。
 裏側表示で除外したカードに関しても《機巧牙−御神尊真神》《機巧鳥−常世宇受賣長鳴》などを利用すれば回収可能。

 (2)はカウンター置く効果
 機巧カードは自己特殊召喚効果や展開効果を持つものも多いため、連鎖的な特殊召喚によりカウンターを貯められる。
 ただ(3)に必要な10個というのはそれなりにハードルが高いため、1ターン置こうとすると難易度は高い。
 条件を満たすなら機械族トークンでも良く、幻獣機トークンなら特殊召喚する機会も多いため、1ターンで多数のカウンターを稼げる。

 (3)はカウンターが10以上貯まっている場合にの値が異なるフィールドモンスター効果の発動を封じる効果
 上述の通りカウンターを貯めるのが手間だが、適用さえできればこちらのみ一方的に効果を通せる状況を作ることができる。
 ただ、守備力を持たないリンクモンスター魔法・罠カードに関しては影響がなく、フィールド以外で発動する効果にも対応できないなど穴もある。
 他の制圧カードと組み合わせるか、そのまま一気に勝負を決めてしまいたい。

  • 眷属信仰(けんぞくしんこう)」がモチーフであると考えられる。
    『古事類苑』によれば、「眷属信仰」とは「神社と縁が深い動物との繋がりの信仰」の総称。
    その動物らは「神の使い」とされ、「神使(しんし)」と呼ぶ文化が今も残っている。
    カード名の「カミツカワシ」はその異義語である。
  • 「記紀(きき)」とは、『古事記』と『日本書紀』の総称である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《機巧伝−神使記紀図》 魔法 フィールド魔法

広告