逆巻く炎の宝札(バーニング・ドロー)/Burning Draw》

通常魔法
このカード名はルール上「サラマングレイト」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は炎属性モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
(1):相手フィールドのカードの数が自分フィールドのカードより多い場合、
相手フィールドのリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのリンクマーカーの数だけ、自分はデッキからドローする。

 ETERNITY CODEで登場した通常魔法
 相手リンクモンスター1体を対象として発動し、そのリンクモンスターリンクマーカーの数だけドローできる効果を持つ。

 発動条件は、自分フィールドのカードの枚数が相手フィールドのカードの枚数より少ない場合であり、後攻ターン目や劣勢の状況で発動しやすい。

 カード発動するターン炎属性以外の召喚特殊召喚を行えない誓約効果を持つため、【炎属性】で使うことになる。
 中でも【サラマングレイト】ならこのカード自体もサラマングレイトカードと扱うため、《転生炎獣フェネック》サーチが可能。

 対象リンクモンスターリンクマーカーの数だけドローできるため、リンク2を対象にするだけで《強欲な壺》となる。
 当然それ以上のリンクマーカーを持つモンスター対象にできれば、ドローする枚数は増え大きくアドバンテージを得られる。

 問題は相手リンクモンスターを使用しない場合に完全に腐る点である。
 環境リンクモンスターの使用率を見て採用するか決めたい。
 発動条件により先攻腐りやすい事も踏まえるとサイドデッキ向きであろう。

  • このカードドロー時には、消滅したはずの不霊夢の幻影がSoulburnerのデュエルディスクに現れ彼を激励した。
    その不霊夢の言葉でデュエルを続行する気力を取り戻したSoulburnerが右手に炎を携えてこのカードドローするという特殊な演出が見られた。
  • 「バーニング・ドロー」とは、劇中のスピードデュエルにおけるSoulburnerの使用スキルの名称である。
    効果も同じくドローを行うもので、上述の炎を携えるドロー演出も共通している。
    耳にした事のある名前の為か、発動時にはリボルバーが「バーニング・ドローだと!?」と驚くシーンも見られた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《逆巻く炎の宝札》 魔法 通常魔法 サラマングレイト

広告