究極融合(アルティメット・フュージョン)/Ultimate Fusion》

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールド・墓地から融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、
「青眼の白龍」または「青眼の究極竜」を融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その後、その融合素材としたフィールドの「青眼の白龍」「青眼の究極竜」の数まで
相手フィールドの表側表示のカードを選んで破壊できる。

 BATTLE OF CHAOSで登場した速攻魔法
 お互いメインフェイズ《青眼の白龍》または《青眼の究極竜》融合素材とする融合モンスター手札フィールド墓地融合し、融合素材にしたフィールド《青眼の白龍》または《青眼の究極竜》の数まで相手表側表示カード破壊する効果を持つ。

 融合召喚可能なものはほぼブルーアイズだが、それ以外では《究極竜騎士》にも対応する。
 融合素材代用モンスターが絡んだ場合は下記のFAQを参照。

 融合素材デッキ戻してしまうが、《青眼の白龍》デッキからでもサーチリクルートする手段が豊富であり、墓地リソースが一時的に減ってしまってもすぐに回復できる。
 むしろ、そうした手段が多すぎて早々に息切れする問題もあったため、デッキへの回収は利点として活用しやすい。

 消費を抑えるならば墓地融合を狙いたいが、フィールドモンスター融合素材にした場合は後半の効果対象をとらない除去を行える。
 事前に展開する手間は必要だが、相手フィールドを荒らしつつ高攻撃力融合モンスター融合召喚できるため、大ダメージを狙える。
 特に、最大3回攻撃を行える《真青眼の究極竜》ならそのまま1ターンキルも狙いやすく、除去効果を持つ《青眼の究極亜竜》なら更に除去の追い打ちも可能。
 こちらは融合素材を代用せずに組み込む必要性から、ほぼ【青眼の白龍】専用となる。

 メインフェイズ限定とはいえフリーチェーン融合召喚できるため、妨害・制圧カードとしても扱える。
 特に、《青眼の白龍》に対する除去サクリファイス・エスケープすることで、融合モンスター除去をぶつけられるリスクの軽減も可能。
 相手ターンはもちろん、自分ターンでも罠カードに対し活躍できる。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDM「ドーマ編」の「闇遊戯&海馬vsダーツ」戦において、闇遊戯が《究極竜騎士》融合する際に「究極融合(きゅうきょくゆうごう)召喚」と発言している。
    なお、原作およびアニメ・映画において「アルティメット・フュージョン」と海馬が発言したことは一度もない。

関連カード

このカード融合召喚可能な融合モンスター

収録パック等

FAQ

Q:フィールド《青眼の白龍》2体と《沼地の魔神王》1体をデッキに戻して《青眼の究極竜》融合召喚できますか?
  また、可能な場合、相手フィールド表側表示カードを何枚まで破壊できますか?
A:はい。その3体で融合召喚でき、2枚まで破壊できます。(21/10/17)

Q:墓地《沼地の魔神王》と任意のドラゴン族デッキに戻して《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》融合召喚できますか?
  (即ち《青眼の白龍》本体を含まない形での融合召喚は可能でしょうか?)
A:いいえ。できません。(21/10/17)

Q:墓地《沼地の魔神王》《青眼の白龍》デッキに戻して《ブルーアイズ・タイラント・ドラゴン》融合召喚できますか?
  (《沼地の魔神王》《青眼の白龍》扱いとし、《青眼の白龍》ドラゴン族扱いとします。)
A:いいえ。できません。(21/10/17)


Tag: 《究極融合》 魔法 速攻魔法 フュージョン

広告