魚群探知機(フィッシュ・ソナー)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからレベル7以下の、「海」のカード名が記されたモンスター
または水属性の通常モンスター1体を手札に加える。
フィールドに「海」が存在する場合、
さらにデッキから水属性の通常モンスター1体を特殊召喚できる。

 デュエリストパック−深淵のデュエリスト編−で登場した通常魔法
 レベル7以下の《海》カード名が記されたモンスターまたは水属性通常モンスターサーチし、《海》が存在すれば更に水属性通常モンスターリクルートできる効果を持つ。

 前半の効果レベル7以下の《海》の関連モンスターまたは水属性通常モンスターサーチ
 サーチ先は幅広く、《海竜−ダイダロス》《大要塞クジラ》などはデッキのエースにも据えやすいためサーチする価値も高い。
 《電気海月−フィサリア−》等の下級モンスターであれば、サーチから即座に召喚できる。
 なお、サーチできる効果モンスターの多くはその効果《海》を必要とするが、このカードによるサーチ自体は《海》を必要としない。

 《海》に依存せずサーチできる都合上、初動でも使える重要なカードとなる。
 ただし、サーチ先に《海》サーチできる下級モンスターはいないため、このカードを経由して《海》サーチすることはできない。

 後半の効果《海》が存在している場合の追加効果
 水属性通常モンスターを追加でリクルートでき、レベルの制限も一切ない。
 前半でサーチしたものが上級モンスターの場合、リクルートリリースすることでアドバンス召喚が可能。
 同様に《城塞クジラ》のようなフィールドリリースが必要なものとも相性が良い。
 サーチしたものと同レベルのものを呼び出せば、そちらを召喚する事でエクシーズ召喚にも繋げられる。
 《ウォーター・スピリット》等をリクルートすれば、召喚と合わせてシンクロ召喚も行える。
 表示形式の指定やデメリットや制約もないため、単純にアタッカーコストの確保に用いても良い。

 【幻煌龍】では《幻煌の都 パシフィス》サーチ効果を使うための通常モンスターを確保しつつ《幻煌龍 スパイラル》リクルートでき、非常に相性が良い。

  • カード名の元ネタは、王国編で梶木が語った「大会の優勝賞金で魚群探知機付きの船を買い、それで漁をして暮らす」という自身の夢だろう。
  • 「魚群探知機(ぎょぐんたんちき)」とは、海に向かって超音波を照射しその反射の検知によって水中の魚の位置や水深を特定する漁船などに搭載される機器のことである。
    (1)はデッキという海に潜むモンスター検知する様子、追加効果はその検知したモンスター捕まえる様子をそれぞれ表したものか。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの(1)の効果を使用して、ルール上《海》である《伝説の都 アトランティス》カード名が記された《アトランティスの戦士》手札に加えることは出来ますか。
A:《アトランティスの戦士》手札に加えることは出来ません。(21/11/22)


Tag: 《魚群探知機》 魔法 通常魔法

広告