教導の神徒(ハッシャーシーン・ドラグマ)

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2000/守1500
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):融合・S・X・リンクモンスターが自分または相手の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが手札からの特殊召喚に成功した場合、
「教導の神徒」以外の自分の墓地の「ドラグマ」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(3):相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの「ドラグマ」モンスターの攻撃力は500アップする。

 PHANTOM RAGEで登場した光属性魔法使い族最上級モンスター
 融合シンクロエクシーズリンクモンスター墓地へ送られた場合に特殊召喚できる誘発効果手札からの特殊召喚に成功した場合にドラグマカードサルベージする誘発効果相手攻撃宣言時にドラグマ全体強化を行う誘発効果を持つ。

 (1)は自己特殊召喚効果
 特定のモンスター墓地へ送られる必要があるが、場所を指定していないのでフィールドのみならずエクストラデッキから墓地へ送られた場合でも発動できる。
 ただし、ダメージステップには発動できないため戦闘破壊トリガーにならない。

 (2)はドラグマサルベージ
 発動条件手札からのみだが、(1)の効果《ドラグマ・エンカウンター》で条件を満たせる。
 ドラグマモンスターはいずれも手札から特殊召喚できるので好相性。
 同レベルドラグマサルベージすればランク8を狙う事も可能。
 《教導の大神祇官》は(1)のトリガーとなった墓地へ送られたモンスター除外して特殊召喚に繋げられる。
 《教導国家ドラグマ》サルベージして大型モンスター除去のために自爆特攻するのもいい。

 (3)は相手攻撃宣言時にドラグマ全体強化を行う効果
 トリガーが受動的なのもあって攻撃の抑制が主となる。
 強化自体は永続なので《教導の騎士フルルドリス》と合わせて攻撃力を上げながら相手ターンに居座ることが可能。

  • イラストには統一された装備を纏う一団が描かれており、公式Twitterでは『「ドラグマ」に仇なす邪教徒を殲滅する。』と解説されている。
  • 「ハッシャーシーン」とは、イスラム教の伝説上の「暗殺教団」のことであり、「アサシン」という英語の語源になったとされる組織である。

関連カード

―《教導の神徒》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《天底の使徒》でこのカードサーチした場合、そのまま(1)を発動できますか?
A:《天底の使徒》エクストラデッキモンスター墓地へ送っているため(1)の発動は可能です。(20/08/08)


Tag: 《教導の神徒》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 魔法使い族 攻2000 守1500 ドラグマ

広告