脅威(きょうい)人造人間(じんぞうにんげん)−サイコ・ショッカー》

効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2400/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手のフィールド・墓地に罠カードが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルはターン終了時まで6になる。
(2):自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「人造人間−サイコ・ショッカー」1体を選んで特殊召喚する。
その後、相手フィ−ルドの罠カードを全て破壊できる(そのカードがセットされている場合、めくって確認する)。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場する闇属性機械族最上級モンスター
 お互いフィールド墓地罠カードが存在する場合に、手札から特殊召喚できる効果お互いメインフェイズに自身をリリースして《人造人間−サイコ・ショッカー》手札墓地から特殊召喚し、相手フィールド罠カード破壊する効果を持つ。

 (1)はお互いフィールドあるいは墓地罠カードがある場合の自己特殊召喚効果
 罠カード魔法カードと比べ採用数が少ないことが多く、環境によってはほぼ0枚のデッキも見られるため、安定して満たすには自身で罠カードを用意する必要がある。
 永続罠または墓地罠カードを用意するか、《サイコ・ギガサイバー》を用いると良いだろう。
 (2)の効果特殊召喚できる《人造人間−サイコ・ショッカー》自分罠カード効果無効にしてしまうが、墓地罠カード効果の発動無効化しないので、墓地で活かせる幻影騎士団等とは相性が良い。
 特殊召喚後はそのターンのみレベル6として扱うため、《人造人間−サイコ・ショッカー》と合わせてランクエクシーズ召喚などを狙える。

 (2)は《人造人間−サイコ・ショッカー》特殊召喚し、相手罠カードを全て破壊する効果
 このカード自身はフィールドでは他に効果を持たないため、罠カード無効を持つあちらに入れ替えることで実質的に効果を得られる。
 とはいえ、攻撃力守備力は同じであり、デッキにも対応しないため柔軟性は低く、一番の使い道はサクリファイス・エスケープだろう。
 メインフェイズであればフリーチェーン発動できるため、相手罠カードチェーンして発動して、そのカードの効果無効にするような運用もできる。

 特殊召喚後に罠カード除去ができるが、《人造人間−サイコ・ショッカー》無効になるため、わざわざ破壊するまでもなく腐らせられている。
 除去しないまま魔法&罠ゾーンを圧迫する方が良い場合もあるため、除去すべきかはやや噛み合っていない面もある。
 とはいえ、《人造人間−サイコ・ショッカー》除去された際への警戒や、《スキルドレイン》への対処等、除去できて役立つ場面も少なくはない。
 また、裏側表示のものも確認できるため、ピーピングとして他の除去と組み合わせれば速攻魔法等への対処にも貢献はできる。

 注意点として、《人造人間−サイコ・ショッカー》無効にできるのはあくまでフィールド罠カードのみである。
 これは上述の通り墓地発動する罠カードと併用できる利点でもあるが、相手もそれらを使用する場合には除去することでかえってそれらを使用されてしまう。
 破壊の処理は全て破壊するかしないかの二択であり、ピーピング破壊する場合に付随する処理でしかない。
 よって、相手の伏せカードの中にそうした破壊しない方が良い罠カードが存在しないかは、見極めて用いる必要がある。

 また、《人造人間−サイコ・ジャッカー》のように《人造人間−サイコ・ショッカー》扱いにならないのも難点。
 《人造人間−サイコ・ショッカー》サポートカードには、《人造人間−サイコ・ショッカー》フィールドに要求するものも多く、それらの発動条件を満たせない。
 そのため、こちらを出さずとも、直接《人造人間−サイコ・ショッカー》を出した方がいい場合も少なくない。
 とはいえ、あちらは特殊召喚に何らかのサポートが必要なのに対し、こちらは(1)の効果で自力で特殊召喚できるため、こちらの優位性も十分にある。
 状況次第ではあるが、フィールドに出したら、即座に(2)の効果を使って《人造人間−サイコ・ショッカー》と入れ替えるのもいいだろう。

 (2)を無視して(1)のみを目当てに【ランク6】に単体採用する事も検討できる。
 適当な罠カード墓地に1枚でもあればコストデメリットも無く手札から展開できるので、エクシーズ素材アタッカーとしての活躍が見込める。
 ただし、元々のレベルが異なるため蘇生による再利用等とは相性が悪い。

関連カード

収録パック等


Tag: 《脅威の人造人間−サイコ・ショッカー》 モンスター 効果モンスター 星7 闇属性 機械族 攻2400 守1500 人造人間

広告