極超辰醒(きょくちょうしんせい)/Hypernova Burst》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
通常召喚できないモンスター2体を裏側表示で除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 RISING RAMPAGEで登場した通常魔法
 手札または自分フィールド表側表示モンスターの中から通常召喚できないモンスター2体を裏側表示で除外して2枚ドローする効果を持つ。

 効果の都合上、特殊召喚モンスターが多い【インフェルノイド】【花札衛】といったデッキで使用する事になるだろう。
 特殊召喚モンスターが多いデッキ手札事故を引き起こしやすいため、手札交換事故の回避にはなる。
 だが、手札交換で使用すると3:2交換ディスアドバンテージとなり、同じく1枚のディスアドバンテージカードの種類を問わず好きな枚数の手札交換ができる《打ち出の小槌》の方が便利な場合が多い。
 そのため採用する場合はフィールドモンスターを選択できることを考慮したい。

 フィールドモンスター除外するのは一見ディスアドバンテージに見えるが、トークンからリンクモンスター特殊召喚除外するといった形で使えばディスアドバンテージ軽減できる場合がある。
 また、相手から奪ったリンクモンスターなどを除外すれば相手の再利用を防ぎつつドローできる。
 ドライトロンメインデッキに入るものが全て特殊召喚モンスターであり、大半がレベル1なので《リンクリボー》《サクリファイス・アニマ》にもしやすく発動しやすい。

  • 名前は「極超新星(英語ではhypernova:ハイパーノヴァ)」の捩りだろう。
    通常の超新星よりさらに10倍以上のエネルギーを持つ超新星であるが、まだその原因などに謎が多い天体である。

収録パック等

FAQ

Q:相手手札からカードを2枚裏側表示除外して《極超辰醒》を発動しました。
  その《極超辰醒》を発動するために除外したカードが本当に通常召喚できないモンスター自分確認する事はできますか?

A:手札から裏側で除外するカードにつきましては、お互い確認しなければならないという義務はありません。
  しかしながら、『通常召喚できないモンスター2体』を手札から裏側で除外する状況ですので、正しいコストであることをお互い確認するという意味において、相手自分の意思で公開することはできます。
  なお、《極超辰醒》などを大会中に使用する際に、対戦相手とトラブルになるような場合は、大会当日のジャッジの判断に従って進めていただきますようお願いいたします。 (20/06/04)


Tag: 《極超辰醒》 魔法 通常魔法

広告