金科玉条(きんかぎょくじょう)

装備魔法
このカード名はルール上「宝玉」カードとしても扱う。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「宝玉獣」モンスター2体を選び、永続魔法カード扱いで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。
その後、置いたカードとはカード名が異なる「宝玉獣」モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚し、このカードを装備する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。

 PREMIUM PACK 2023で登場した装備魔法
 宝玉としても扱う効果外テキストデッキから宝玉獣2体を永続魔法扱いで魔法&罠ゾーン置き、さらにカード名が異なる宝玉獣手札墓地から特殊召喚しその装備カードとなる効果を持つ。

 展開を行いつつ魔法&罠ゾーンに2つの宝玉獣を補充でき、【宝玉獣】では極めて有用。
 特に特殊召喚するのが《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》ならば魔法&罠ゾーンに置いた宝玉獣も展開できるため、一気に3体以上のモンスターを並べられる。
 特殊召喚するのが《宝玉獣 サファイア・ペガサス》の場合は計3体の宝玉獣魔法&罠ゾーンに置かれることになる。
 この場合、後は通常召喚《宝玉の導き》などで《宝玉獣 サファイア・ペガサス》をもう1体出せば4体となり、《宝玉の氾濫》発動条件も簡単に満たせる。
 特殊召喚元は墓地からの方がカード・アドバンテージ的には望ましいが、上記の宝玉獣手札にしか存在しないならそちらを優先した方がよい状況も多く、柔軟に考えたい。

 【A宝玉獣】軸では、魔法&罠ゾーン置く宝玉獣2体に自力で展開できる《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を含めることで、実質3体分の展開札として利用可能。
 特殊召喚したものが《A宝玉獣 サファイア・ペガサス》ならばそちらの効果でも《A宝玉獣 ルビー・カーバンクル》を置けるので、更にもう1体追加できる。
 《A宝玉獣 コバルト・イーグル》が自身を手札から墓地へ送ってのサーチ効果を持つため墓地へ落ちやすいことから、序盤でも手札からではなく墓地からの特殊召喚を狙いやすいのも利点。

 注意点としては、このカード装備魔法であるため魔法&罠ゾーンを1枠占有する。
 装備した宝玉獣が不在になれば破壊されて撤去はできるものの、《宝玉の氾濫》《宝玉の樹》などと組み合わせることを考える場合は、短期間でも1枠圧迫することによる影響は大きい。
 《宝玉獣 ルビー・カーバンクル》特殊召喚などで即座に魔法&罠ゾーンを空ける算段があるなら問題ないが、それ以外の場合目指す盤面とそれまでの道筋はきちんと考えた上で発動する必要がある。
 また、魔法&罠ゾーンが3枠開いていないと発動できないため、中盤で腐るリスクも考慮しておきたい。

  • 「金科玉条」とは「黄金や珠玉のように善美を尽くした法律や規則」を意味する。
    ここから転じて、「自分の主義・主張、立場の絶対的な拠り所になる思想や信条」等の意味を持つ四字熟語となっている。
    現在では、「金科玉条のように(如く)〜」という表現で、古びた教えや自分に都合のいいルールなどに拘っている様を表す否定的な文脈で使われることも多い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《金科玉条》 魔法 装備魔法 宝玉

広告