銀河眼の極光波竜(ギャラクシーアイズ・サイファー・エクス・ドラゴン)

エクシーズ・効果モンスター
ランク10/光属性/ドラゴン族/攻4000/守3000
レベル10モンスター×2
「銀河眼の極光波竜」は1ターンに1度、
自分フィールドの「サイファー・ドラゴン」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
自分フィールドの光属性モンスターは相手ターン終了時まで相手の効果の対象にならない。
(2):自分スタンバイフェイズに発動できる。
自分の墓地のランク9以下のドラゴン族Xモンスター1体をEXデッキに戻す。
その後、そのモンスターを自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚できる。

 SELECTION 10で登場する光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 サイファー・ドラゴンに重ねて出せる効果外テキスト光属性相手からの対象耐性を付与する効果墓地ランク9以下のドラゴン族エクシーズモンスターエクストラデッキに戻し、その後自身に重ねて特殊召喚できる効果を持つ。

 効果外テキストによりサイファー・ドラゴンに重ねて出せるため、基本的にはランク8の《銀河眼の光波竜》とセットでの採用となる。
 サイファー・ドラゴン効果コントロール奪取したモンスター同名カード扱いにするため、その上に重ねてエクシーズ召喚する事でエンドフェイズコントロールを戻さずに済む。
 サイファー・ドラゴンカード名コピーした《ファントム・オブ・カオス》等の上に重ねてエクシーズ召喚することもできるが、この場合そのままではエクシーズ素材が足りず(1)の効果が使用できないので注意。

 2体素材のランク10なので【列車】等では正規のエクシーズ召喚も可能。
 場持ちの良さでは《No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》の方が上な為、こちらを使う場合は下記の方法で除去を行える点で差別化したい。

 (1)は自分フィールド光属性全体に対象耐性を付与する効果
 期間は相手ターン終了時までと長く、【光属性】ならば固い盤面を築くのに一役買える。
 自身も光属性なので単体で使用しても耐性付きモンスターとして運用可能。
 ただし、この効果自体を《エフェクト・ヴェーラー》等で無効化される可能性は高いので過信は禁物。
 また、エクシーズ素材を2つ使うのでサイファー・ドラゴンに重ねてエクシーズ召喚した場合、エクシーズ素材を持ったエクシーズモンスターに重ねた場合のみ使用できる。

 (2)はランク9以下のドラゴン族エクシーズモンスターサルベージ特殊召喚を行う効果
 上記の《銀河眼の光波竜》に重ねて出した後に(1)の効果の発動墓地へ送れ墓地に用意できる。
 一旦エクストラデッキに回収した後に出すため、蘇生制限を満たしていないモンスターも(召喚制限が無い限りは)問題なく特殊召喚できる。
 特殊召喚はあくまで任意なので、エクストラデッキに回収して後の再利用に繋げるだけに留めるのも良いだろう。
 《超銀河眼の光波龍》を上に重ねればあちらの効果を使うことも可能であり、ドラグマなどを用いてあちらを墓地に置いておくと良い。

 欠点は発動タイミングの遅さであり、基本的に次の自分ターンまで生き残らせる必要がある。
 この効果にはエクシーズ素材は必要ないため、相手エンドフェイズ自分スタンバイフェイズ蘇生したり、《星遺物を巡る戦い》などで一時的に除外して発動を狙うのも手。

 【ギャラクシー】【サイファー】光属性中心のデッキなので(1)による耐性付与の恩恵は受けやすい。
 このカード以外のギャラクシーアイズエクシーズモンスターは全て(2)の対象先としても適する。
 このカード《ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン》を経由し《銀河眼の光波刃竜》を出すことで相手モンスターを2枚破壊しつつ耐性を持たせる事ができる。
 《銀河眼の光波刃竜》破壊される事で墓地《銀河眼の光波竜》特殊召喚できる為、耐性を与えるこのカードと相性もいい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《銀河眼の極光波竜》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク10 光属性 ドラゴン族 攻4000 守3000 ギャラクシー ギャラクシーアイズ サイファー

広告