(ひかり)聖剣(せいけん)ダンネル/Dunnell, the Noble Arms of Light》

装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の聖剣ダンネル」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):装備モンスターの攻撃力は、
自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。

 デッキビルドパック グランド・クリエイターズで登場した装備魔法
 同名カードは1枚のみ存在できる効果装備モンスター自分フィールド勇者トークンの関連モンスターの種類×500強化する効果墓地へ送られた場合に勇者トークンに自身を装備できる効果を持つ。

 装備対象の制限及び(1)(3)の効果は、勇者トークンの関連装備魔法に共通する要素である。
 これらは《運命の旅路》によるサーチまたはデッキからの装備《サンダー・ディスチャージ》《リザレクション・ブレス》による手札墓地からの装備が可能。
 (3)も含めて1枚を使い回すこともでき、(1)の制約も踏まえると、なるべく複数種類を少数ずつ採用した方が良いだろう。

 その(3)は勇者トークンに対する墓地からの装備効果
 場所や方法を問わずに墓地へ送られれば発動できるためトリガーは非常に緩く、《運命の旅路》の(1)で手札から墓地へ送るカードにも適する。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》との相性も抜群で、《騎竜ドラコバック》《星空蝶》と共に墓地へ送ればまとめて装備させられる。
 ただし、この効果装備できるのは勇者トークンに限られるため、あちらの維持が必須である事は言うまでもない。

 固有効果の(2)は装備モンスター強化
 強化倍率自体は悪くなく、現状では最大で1500の強化が可能。
 関連モンスター勇者トークンが存在すれば手札から特殊召喚できるため、勇者トークンさえ維持できていれば複数展開による強化は見込みやすい。
 変わったところでは《青き眼の乙女》《聖刻龍−ドラゴンヌート》トリガーにするのも手で、ドラゴン族通常モンスターとは勇者トークンとサポートカードを共有させやすい。

 サポートカード《暗黒神殿ザララーム》と併用していれば、バトルフェイズでの相手の行動を妨害しつつ、あちらの(2)の発動を補助できる。
 大型アタッカー戦闘破壊できれば高いバーンをお見舞いでき、尚且つあちらの(3)でハンド・アドバンテージも稼げる。

  • モチーフとしてはおそらくRPGにおける「伝説の剣」や「聖剣」といったアーティファクト類。
    強大な力を持つ魔王や、その魔王によって展開される道を阻んだり攻撃を無効化するバリア等を突破する為、特別な力を持つ伝説の武具を得るイベントが用意される事が多い。

関連カード

サポートカード

収録パック等

FAQ

Q:勇者トークン自体は『「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスター』に含まれますか?
A:いいえ、含まれません。(21/11/19)


Tag: 《光の聖剣ダンネル》 魔法 装備魔法 聖剣

広告