(たましい)のさまよう墓場(はかば)/Graveyard of Wandering Souls》

永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分フィールドのモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分フィールドに「火の玉トークン」(炎族・炎・星1・攻/守100)1体を特殊召喚する。
(2):このカードが既に魔法&罠ゾーンに存在する状態で、
自分の手札・フィールドのモンスターが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動する。
そのモンスターの数まで可能な限り、自分フィールドに「火の玉トークン」を特殊召喚する。

 PREMIUM PACK 2019で登場した永続罠
 モンスター戦闘破壊され墓地へ送られた場合、手札フィールドから相手効果墓地へ送られた場合に火の玉トークン特殊召喚する効果を持つ。

 (1)、(2)どちらとも火の玉トークン特殊召喚するものだが、トリガーは異なる。
 また、(2)は1ターンに1度のみの制限がある。

 (1)は戦闘破壊され墓地へ送られた場合をトリガーとする。
 回数制限がないため、リクルーター自爆特攻を繰り返すことで複数の火の玉トークンを生成できる。
 バトルフェイズ中の利用は難しいため、基本的にはメインフェイズ2にリンク素材などに使うことになる。
 相手ターン戦闘破壊される場合でもにはなる。
 トークン墓地に送られないため当然のことだが、火の玉トークン戦闘破壊されても火の玉トークンは生成されない。

 他にモンスターが一体いれば、《ヘル・ドラゴン》を無限に自爆特攻させられる。
 《門前払い》《デスカウンター》発動していれば、相手フィールド攻撃力2000以上の攻撃表示モンスターしかいない場合相手フィールドを空にしつつ直接攻撃を叩き込んで1ターンキルができる。
 一応守備表示モンスター火の玉トークンらで攻撃すれば排除できるが、《ヘル・ドラゴン》守備表示モンスター攻撃する状況になると止まってしまうためあらかじめ壊獣などでフィールドを整えておきたい。

 (2)は効果墓地へ送られた場合に、その数だけ火の玉トークン特殊召喚する。
 除去ハンデスに対しての備えとなるが、1ターンに1度だけなのでタイミングが難しい。
 強制効果なので、1体だけ除去されトークン1体が出るだけ、という事態も起こりえる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《魂のさまよう墓場》 永続罠

広告