守護竜(しゅごりゅう)エルピィ/Guardragon Elpy》

リンク・効果モンスター(禁止カード)
リンク1/闇属性/ドラゴン族/攻1000
【リンクマーカー:左】
レベル4以下のドラゴン族モンスター1体
自分は「守護竜エルピィ」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分はドラゴン族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
2体以上のリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに、
手札・デッキからドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。

 SAVAGE STRIKEで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 同名カードを含めて1ターンに1度しか特殊召喚できない効果外テキストドラゴン族しか特殊召喚できない永続効果、2体以上のリンクモンスターリンク先となる自分フィールド手札デッキからドラゴン族特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)はドラゴン族しか特殊召喚できない効果
 自身がフィールドに存在する間しか適用されないため、このカードを含めたリンク召喚などを行えば解除できる。
 ただし、このカードを素材とする場合でもドラゴン族しか特殊召喚できない。
 特殊召喚前に展開していればリンク素材の確保は容易。

 (2)はドラゴン族特殊召喚する効果
 発動条件はやや読み取りにくいが、リンクモンスター2体以上のリンクマーカーが向いている自分メインモンスターゾーンということである。
 相手リンクマーカーを利用するのでなければ、自分フィールドリンクモンスターを2体以上揃え、そのリンクマーカーも調整しなければならない。
 リンクマーカーが下と斜め下のどちらかに向いたリンクモンスターであれば、このカードとの2体で発動条件を満たせるが、リンク2で該当するリンクマーカーを持つのはドラゴン族以外かつリンク素材縛りがあるため、(1)の特殊召喚制限が邪魔になる。

 そのため、リンクマーカーが下のリンクモンスターを先に出してから《破壊剣士の守護絆竜》へ繋げる事でリンクマーカーの位置を変えるか、《星遺物の守護竜》等でカードの位置を移動させるといった方法を用いることになるだろう。
 《星遺物の守護竜》の場合、同時にリンク素材となるモンスターも用意できる点でも相性が良い。
 《亡龍の戦慄−デストルドー》墓地で発揮する効果を持ち、自己再生後はデッキボトムに戻るため、効果シナジーしている。
 レベル3〜6のモンスターを指定し自己再生すれば、レベルが4以下になりこのカードリンク素材に使える点でも相性が良い。

  • 名前の由来はギリシャ語で「希望」を意味する「エルピス」だと思われる。

関連カード

―《守護竜エルピィ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:(2)の効果処理時リンクモンスターの数が減ったために「2体以上のリンクモンスターリンク先に指し示されたメインモンスターゾーン」が存在しなくなった場合、特殊召喚は行われますか。
A:特殊召喚できません。(18/10/15)


Tag: 《守護竜エルピィ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 闇属性 ドラゴン族 攻1000

広告