信用取引(マージントレード)

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手は手札を1枚捨ててこの効果を無効にできる。
捨てなかった場合、お互いのプレイヤーは、それぞれ相手のデッキを確認し、その中からカード1枚を選ぶ。
その後、お互いのプレイヤーは、それぞれ相手が選んだカードを手札に加える。

 DAWN OF MAJESTYで登場した通常魔法
 お互いに対戦相手のデッキ確認して任意のカードを選び、お互いに対戦相手が選んだカード手札加える効果を持つ。
 相手手札1枚を捨てる事でこの効果無効にできる。

 デッキからカード手札に加わるが、相手が選んだカードとなる。
 そのため、盤上から考えて最も不要なカードしか増えないことになる。
 もっともそれは相手にとっても同じであり、デッキにあった方が良い相手カード自分が選んでしまえば相手の動きを制限することに繋がる。
 また、お互いに対戦相手にデッキ確認させてしまうが、このカード自分ターンに使うため、《禁止令》《マインドクラッシュ》セットするなど自分が先に動きを止める事は可能。
 あるいは有用なカード相手手札に加えた後、《エクスチェンジ》で奪うといった動きも可能。
 ただ、不要なカードとはいえど相手手札は1枚増えるため、手札コストなどに使われるおそれは残る。

 相手手札を1枚捨てることで無効化する選択も可能であり、その場合お互い手札を1枚ずつ失うだけとなる。
 1:1交換ではあるが、捨てる手札相手が選ぶため、墓地効果を活かせるカード捨てる可能性はある。

 無効化する、しないどちらを選ばれても相手に優位になりがちで、1枚の消費に見合うリターンは得にくい。
 このカードを使うなら、効果無効となっても魔力カウンターが乗ることを利用して《王立魔法図書館》などのドローに活かすなど特殊な構築のデッキとなる。
 【エクゾディア】の様なデッキならデッキ内のカードドローソースばかりになりがちで、どれを選ばれてもドローとなりえる上、デッキ確認されたところでドローし切ってしまえば対応される余地は少ない。

  • 「信用取引(margin trading)」は金融用語の一つ。
    「株取引で現金・金融商品を委託保証金と呼ばれる担保として差し入れ、証券会社より借り入れて株を売買する投資手法」を指し、ルビのまま「マージン」とも呼ばれる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《信用取引》 魔法 通常魔法

広告