深海姫(しんかいひ)プリマドーナ》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻1500/守2700
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されている相手のカード1枚を対象として発動できる。
デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚し、
対象のカードを相手の手札に加える。
(2):このカードをS素材としたSモンスターは、相手モンスターの効果の対象にならない。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

 ETERNITY CODEで登場した水属性海竜族シンクロモンスターチューナー
 除外された相手カード相手手札加えることで下級水属性サーチまたはリクルートできる起動効果、自身をシンクロ素材としたモンスター相手モンスター効果への対象耐性を付与するルール効果墓地へ送られた場合に除外されたカードデッキ戻す誘発効果を持つ。

 (1)は下級水属性サーチリクルート
 非常に広い範囲から手札フィールドまでを選べるので汎用性は高い。
 一方で相手除外されたカード相手手札に加えさせる必要がある。
 現環境では自身を除外するカードが多いので、対象には困らないが相手に再利用を許してしまう。
 《深海のセントリー》等が持つ一定期間だけ除外するカードと合わせればディスアドバンテージを抑えやすい。
 《霊子もつれ》を使えば擬似的なバウンスにもなる。
 効果チェーンする形で対象にしたカード除外ゾーンからどけてしまうのも良い。
 同時に行われる前半部のサーチリクルートの処理のみを行えるのでこちらが一方的に得をする。

 (2)はシンクロ素材となった時に相手モンスター効果への対象耐性を付与する効果
 チューナーとして高いレベルを持つので高レベルモンスターを居座らせることができる。
 制圧力の高い《ヴァレルロード・S・ドラゴン》破壊耐性を持つ《A BF−神立のオニマル》等と相性がいい。

 (3)は墓地へ送られた場合に除外されたカードデッキ戻す効果
 自分カードを戻してサーチリクルートに繋げられる。
 【メタファイズ】【サンダー・ドラゴン】等の除外アドバンテージを活用するデッキ相手では妨害としても使える。

  • 「プリマドーナ」の語源はイタリア語の「プリマ・ドンナ(Prima donna)」だろう。
    「プリマ・ドンナ」は「オペラの主役となる女性歌手」を意味し、直訳で「第一の女性」とされ、通常はソプラノ歌手が充てられる。
    そこから派生して、「一番注目される役・その立ち位置」という意味合いで、オペラ界以外でも比喩される表現である。

関連カード

―《深海姫プリマドーナ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《深海姫プリマドーナ》の(1)の効果チェーンして《大欲な壺》発動し、対象にしたカード相手デッキに戻しました。
  この場合、デッキからレベル4以下の水属性サーチまたはリクルートの処理は行えますか?
A:ご質問の場合でも、『デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体を手札加える特殊召喚』する処理を行います。(20/02/15)

Q:《深海姫プリマドーナ》の(1)の効果チェーンされる形で《本陣強襲》発動され、自分デッキレベル4以下の水属性がいなくなりました。
  この場合、対象にしたカード相手手札加える処理は行われますか?
A:ご質問のように、『デッキからレベル4以下の水属性モンスター1体を手札加える特殊召喚』する処理を行えない場合、『対象カード相手手札加える』処理も行いません。(20/02/15)


Tag: 《深海姫プリマドーナ》 モンスター シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星7 水属性 海竜族 攻1500 守2700

広告