深淵竜(しんえんりゅう)アルバ・レナトゥス》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2500
「アルバスの落胤」+ドラゴン族モンスター1体以上
このカードは融合素材にできない。
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●自分・相手のモンスターゾーンの上記カードを墓地へ送った場合にEXデッキから特殊召喚できる。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に、
このカードの融合素材としたモンスターの数までモンスターに攻撃できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。

 DIMENSION FORCEで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 自身は融合素材にできず、融合召喚及び特定の方法でのみ特殊召喚できる効果外テキスト融合素材の数までモンスター攻撃できる永続効果墓地へ送られたターンエンドフェイズ融合フュージョン通常魔法サーチできる誘発効果を持つ。

 《アルバスの落胤》を融合素材に指定する融合モンスターの1体であり、他と異なり3体以上での融合召喚も可能。
 融合素材《アルバスの落胤》ドラゴン族に変わった以外は《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》と類似する召喚条件を持つが、あちらと異なり通常の融合召喚も可能。
 このカードエクストラデッキに用意しておけば《アルバスの落胤》【ドラゴン族】に高いメタ性能を持つようになる。
 《アルバスの落胤》本体もドラゴン族であり、関連カード《黒衣竜アルビオン》融合モンスターの多くがドラゴン族であるため、自分モンスターだけを利用して特殊召喚することも難しくない。
 特に《神炎竜ルベリオン》《烙印竜アルビオン》は自身を素材に自身の効果融合召喚できる。

 【ドラゴン族】メタになる一方で、その【ドラゴン族】でも採用しておけば《烙印融合》によりデッキ内の任意のドラゴン族墓地へ送る事ができる。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》融合召喚する場合はタイムラグこそあるものの、《F・G・D》を選ぶよりも圧倒的に多く墓地へ送る事ができる。
 それぞれ一長一短であるため、自分の戦術に合った方法を採用したい。

 (1)は融合素材の数までモンスター攻撃できる効果
 2体を融合素材特殊召喚した場合でも2500の2回攻撃であり、優秀なアタッカーとなる。
 それ以上を狙う場合、自分フィールドモンスターだけを融合素材にしたのではディスアドバンテージが大きくなりすぎるため、デッキ融合墓地融合を狙うと良い。
 相手フィールドドラゴン族を使うのも手だが、相手モンスターが減ってしまう点でこの効果との噛み合わせは悪い。

 (2)は融合フュージョン通常魔法サーチ
 《アルバスの落胤》を融合素材として指定する融合モンスターであるため、フィールドだけでなくエクストラデッキから墓地へ送る手段は豊富であり、次のターン以降に備えられる。
 サーチ先としてはやはり《烙印融合》が最有力となるか。
 なお、他と異なり同名カードターン1制限が無いため、複数を墓地へ送ればその枚数分のサーチが可能。

 なお効果外テキストにより、蘇生はできず墓地融合融合素材にも使えないため、(2)の発動後は墓地に置いておく価値は薄い。
 可能ならばエクストラデッキに回収し、再利用したい。

  • 「レナトゥス(Renatus)」は「生まれ変わる、再生する(reborn)」を意味するラテン語が起源の名前。
    イタリア語・ポルトガル語・スペイン語・ロシア語圏などでは、男性はレナート(またはレナト)、女性はレナータ(またはレナーテ)に変化する。

関連カード

―類似効果効果外テキスト

収録パック等


Tag: 《深淵竜アルバ・レナトゥス》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2500 守2500 正規の方法以外での特殊召喚不可 融合素材にできない

広告