聖天樹の開花(サンアバロン・ブルーミング)

永続罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分フィールドにリンク4以上の植物族リンクモンスターが存在する場合、
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):自分の植物族リンクモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、そのリンク先のモンスターの攻撃力の合計分アップする。

 SELECTION 10で登場する永続罠
 発動時にリンク4以上の植物族が存在する場合に相手モンスター効果無効化する効果植物族リンクモンスター戦闘を行う際にリンク先モンスター攻撃力強化する効果を持つ。

 (1)の効果カードの発動時に相手フィールドモンスターすべての効果無効にする効果
 適用するにはリンク4以上の植物族が必要になる。
 このカードサーチできる《聖天樹の大母神》が唯一の植物族リンクモンスターであり、種族の変更などを考慮しなければ実質的に専用効果となる。
 相手モンスター効果無効にできるため、相手ターン発動すれば妨害・制圧カードになる。
 逆に自分ターンには相手制圧効果持ちの効果無効にして展開しやすくできる。

 (2)は自分植物族リンクモンスター強化する効果
 強化値はリンク先モンスター攻撃力の合計分であるため、状況次第では爆発的な強化を得られる。
 (1)の効果のためにリンク4が存在する状況なら《聖蔓の剣士》は4000の攻撃力を得られるためリンクモンスターを大きく強化できる。
 またリンク先のモンスターに関しては一切制限がないため、汎用的な高攻撃力モンスターを使用して強化するのもよい。
 上向きのリンクマーカーを持つ《聖蔓の守護者》《聖蔓の癒し手》などなら、正面の相手モンスター攻撃力分を強化できる《オネスト》のような効果になり正面のモンスターをほぼ確実に戦闘破壊できる。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    (1):相手フィールドの全てのモンスターの効果を無効にし、
    自分のEXモンスターゾーンのリンクマーカーの数が4つ以上の植物族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
    そのモンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ、
    そのリンク先のモンスターの攻撃力の合計分になる。
    対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。
    モンスター効果無効化が発動の手順の一環という珍しい処理であった。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《聖天樹の開花》 永続罠 サンアバロン

広告