聖天樹の大母神(サンアバロン・ドリュアトランティエ)

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/植物族/攻   0
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
リンクモンスター2体以上
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サンアバロン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードは相手の効果では破壊されず、攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分のリンクモンスター1体をリリースして発動できる。
そのリンクマーカーの数まで、相手フィールドのカードを選んで破壊する。

 SELECTION 10で登場する地属性植物族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合にサンアバロン魔法・罠カードサーチする効果相手効果破壊されず、攻撃対象にされない効果リンク先リンクモンスターリリースしてそのリンクマーカーの数まで相手フィールドのカード破壊する効果を持つ。

 他のサンアバロンと異なりリンク素材植物族縛りが無いため汎用リンクモンスターも素材に利用可能。
 《聖蔓の剣士》で奪った相手リンクモンスター植物族を経由せずにそのまま利用できる。

 (1)の効果サンアバロン魔法・罠カードサーチ
 現在サーチ先は《聖天樹の開花》のみである。
 あちらの(1)の効果の条件もこのカードで満たせるため、セットしておけば次のターンフリーチェーンフィールドモンスターすべての効果無効にすることができる。

 (2)の効果は他のサンアバロンが持つ共通効果に加え、こちらは効果破壊耐性も持つ。
 破壊以外の除去は依然として弱点だが、幾分か場持ちはよくなっている。

 (3)の効果相手フィールドのカード破壊
 対象をとらない複数除去であり、高リンクモンスターコストにできれば一気に盤面を崩せる。
 ただし高リンクモンスターコストにする場合、《エフェクト・ヴェーラー》等で無効にされると大きなディスアドバンテージになる。
 《聖蔓の乙女》など防御カードも揃えた上で発動したい。
 状況によっては複数の除去を無理に狙わず、他のサンアバロン効果特殊召喚したリンクモンスターコストにするだけでも十分な仕事になるだろう。

 他のサンアバロンと異なり、ダメージトリガーとした回復及び特殊召喚効果を持たない点は意識すべき。
 このモンスターのみが存在しても何ら意味を為さず、一方的に直接攻撃を受け続けるだけになる。
 あくまでも他のモンスターと併用して初めて意味を為すカードであり、リンク召喚可能な状況でも出すべきか否かを見極めて使用したい。

  • カード名ドリュアスと、ギリシャ神話に登場するドリアードの一種である「アトランティエ」を合わせたものだろう。
    「大母神」は「地母神」と同義である。
  • サンアバロンはスペクターが強い愛着を抱くカテゴリだが(サンアバロン参照)、最終形態のこのカードは特にその傾向が強く、ほぼ母親と同一視されている。
    そのため、上記デュエル戦闘破壊された際には、「よくも我が母なる聖天樹をっ!」と普段の慇懃無礼な姿勢からは考えられないほどに激昂している。
    また、敗北後には燃え盛るこのモンスターを見て「お母…さん…」と呟きながら涙を流していた。

関連カード

―《聖天樹の大母神》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《聖天樹の大母神》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 地属性 植物族 攻0 サンアバロン

広告