聖天樹の幼精(サンアバロン・ドリュアス)

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻   0
【リンクマーカー:下】
レベル4以下の植物族モンスター1体
(1):このカードが「聖種の地霊」を素材としてEXモンスターゾーンにリンク召喚された場合に発動できる。
デッキから「サンヴァイン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードは攻撃対象にされない
(この効果が適用されたモンスターしか自分フィールドに存在しない状態での相手の攻撃は自分への直接攻撃になる)。
(3):1ターンに1度、自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
その数値分だけ自分のLPを回復し、EXデッキから「サンヴァイン」モンスター1体を特殊召喚する。

 SELECTION 10で登場する地属性植物族リンクモンスター
 《聖種の地霊》リンク素材としてエクストラモンスターゾーンリンク召喚に成功した場合にサンヴァイン魔法・罠カードサーチする効果攻撃対象にされない効果ダメージを受けた時にその数値分回復し、エクストラデッキからサンヴァイン特殊召喚する効果を持つ。

 リンク素材植物族下級モンスター1体だが、(1)の効果のためにできる限り《聖種の地霊》リンク素材としたい。
 通常モンスターゆえに《予想GUY》《レスキューラビット》に対応するので、フィールドに出すのは難しくない。

 (1)は《聖種の地霊》リンク素材としてエクストラモンスターゾーンリンク召喚に成功した場合にサンヴァインサーチ効果
 サーチ先の《聖蔓の社》リンク素材とした《聖種の地霊》蘇生できるので、植物族リンク2へと繋がる。

 (2)は攻撃対象にされない効果
 戦闘破壊されなくなるため場持ちに貢献する。
 攻撃直接攻撃となるが、(3)の効果トリガーとなる。

 (3)は受けたダメージ分のライフ回復を行いつつエクストラデッキからサンヴァイン特殊召喚する効果
 ダメージを受ける必要こそあるが、回復を挟むので致死量で無ければノーコストとなる。
 サンヴァインには戦闘ダメージ半減、回復アタッカーと揃っているので状況にあった選択肢を選べるようにしたい。

 発動条件はやや受動的であるため自分から満たせるようにもしておくといい。
 即効性が高い《火炎地獄》の他、《破壊輪》《Ai打ち》が扱いやすく、相手だけに一方的にダメージを与えつつモンスター特殊召喚できる。
 種族は合わないものの、効果ダメージを発生させつつ特殊召喚できる《Emトリック・クラウン》《BF−精鋭のゼピュロス》などとも相性が良い。
 《ワンチャン!?》エンドフェイズダメージが発生するため展開要員にするには遅いが、相性のよい植物族レベル1をサーチできる。

 効果の過程で回復を挟むため、回復した場合の効果トリガーとしても機能する。
 その誘発効果持ちが多く、同じ植物族であるアロマと組み合わせるのもよいだろう。

 このカードリンク1のため、《聖蔓の剣士》強化値は低い。
 このカード特殊召喚を狙う場合は《聖蔓の守護者》《聖蔓の癒し手》特殊召喚が優先度が高くなるだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《聖天樹の幼精》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 地属性 植物族 攻0 サンアバロン

広告