聖蔓の剣士(サンヴァイン・スラッシャー)/Sunvine Thrasher》

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 800
【リンクマーカー:下】
植物族の通常モンスター1体
(1):自分フィールドの「サンアバロン」リンクモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの「サンアバロン」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのリンクマーカーの数×800アップする。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターをリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに効果を無効にして特殊召喚する。

 SELECTION 10で登場した地属性植物族リンクモンスター
 サンアバロンリンクモンスター効果フィールド離れた時に自壊する誘発効果特殊召喚に成功した場合にサンアバロンリンクマーカーに比例して自己強化する誘発効果モンスター戦闘破壊した場合にそのモンスター自分フィールド蘇生する誘発効果を持つ。

 特殊召喚方法と(1)の効果に関しては共通する《聖蔓の守護者》を参照。

 (2)は自己強化効果
 自己強化の倍率はリンクマーカー×800と高く、リンク4を指定すれば自身の攻撃力と合わせて4000まで達する。
 サンアバロンサンヴァイン共に打点要員が不足しているため、効果で高い攻撃力を得やすいこのカードは重要なアタッカーとなる。

 (3)は戦闘破壊したモンスター蘇生する効果
 効果無効になるものの、表示形式等にも特に制限はないため、蘇生したモンスターで追撃ということも可能。
 メインフェイズ2に各種素材に使ってしまうのも良いが、永続的に奪えるので無理に処理せずとも良い。
 空いているリンクモンスターリンク先が必要になるため、複数のリンクマーカーを持つリンクモンスターを併用することが前提となる。
 共通効果で直接このカード特殊召喚できるリンク3の《聖天樹の大精霊》を使うと良いだろう。
 このカードリンク素材になれる《聖種の地霊》蘇生可能な《聖天樹の灰樹精》とも相性は良いが、あちらのリンクマーカーの都合上メインモンスターゾーンに出す必要はある。
 なお、《聖種の影芽》の(2)の効果を使うと植物族以外特殊召喚不可能になるため、相性が悪い。

 総じて【サンアバロン】における主力アタッカーであり、サンヴァインの中でも優先的に出していけるモンスターであろう。
 効果には同名カードの制限も無く、蘇生を活用してリンク先を空けた形で複数を並べられれば、一斉攻撃コントロール奪取での1ターンキルも狙える。
 《聖天樹の灰樹精》なら攻撃力を3200にしつつ連続攻撃を付与できるため、攻め手がこのカード1体だけでもゲームエンドには十分となる。

 攻撃力に関しては《月鏡の盾》などで補ってもいい。
 自身のリンクマーカーが下に向いているため、エクストラモンスターゾーンに出せば他にリンクモンスターが存在せずとも1体は奪う事が可能。
 リンクモンスターリンク先を用意でき、攻撃力を補えるならサンアバロンを用いない植物族デッキでの運用も狙える。

  • 英語名では「Slasher(斬る人)」ではなく「Thrasher(鞭で打ってくる人)」になっている。
  • 下記のアニメに近い形の効果OCG化された結果とはいえ、通常は戦闘要員としてデザインされないリンク1でこれ程までに攻撃的なモンスターは非常に珍しい。
  • アニメ版のテキストは以下の通り。
    レアリティスーパーレアでは無く単に白文字で、ノーマルもしくはレアのどちらかと思われる。
    (1):このカードが「聖天樹」リンクモンスターのリンク先に存在しない場合、このカードは破壊される。
    (2):このカードが特殊召喚に成功した場合、
    リンク先にこのカードが存在する「聖天樹」リンクモンスター1体を対象として発動する。
    このカードの攻撃力は、対象のモンスターのリンクマーカーの数×800アップする。
    (3):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
    その戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られた時、
    その相手モンスターを自分フィールドの「聖天樹」リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《聖蔓の剣士》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 地属性 植物族 攻800 サンヴァイン

広告