聖蔓の守護者(サンヴァイン・ガードナー)

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 600
【リンクマーカー:上】
植物族の通常モンスター1体
(1):自分フィールドの「サンアバロン」リンクモンスターが効果でフィールドから離れた場合に発動する。
このカードを破壊する。
(2):「サンアバロン」リンクモンスターとリンク状態になっているこのカードが
相手モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
その戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは半分になる。
(3):このカードが戦闘で破壊された時に発動できる。
そのダメージステップ終了後にバトルフェイズを終了する。

 SELECTION 10で登場する地属性植物族リンクモンスター
 サンアバロンリンクモンスター効果フィールド離れた時に自壊する効果サンアバロンリンク状態の自身との戦闘ダメージを半減する効果戦闘破壊された場合にバトルフェイズを終了させる効果を持つ。

 リンク素材植物族通常モンスターこちらのリストを参照。
 《聖種の地霊》などはサンヴァインサンアバロンと同じく地属性なのでサポートカードが共有しやすい。
 《ブラック・ガーデン》等で大量に展開しやすいローズ・トークンも適する。
 また、サンアバロン効果エクストラデッキから直接特殊召喚する事も可能であり、【サンアバロン】では寧ろこちらの方法で特殊召喚される機会の方が多いだろう。

 (1)はサンヴァイン共通の自壊効果
 発動条件が「サンアバロンリンクモンスター効果フィールドから離れた」と非常にゆるく、《聖天樹の大母神》以外は効果耐性も持たないため場持ちはあまり期待できない。
 自壊する前に早々にリンク素材として活用したい。
 なお、あくまで「効果で」離れた場合であるため、リンク素材にする等は問題ない。

 (2)は戦闘ダメージの半減、(3)はバトルフェイズ終了効果
 基本的には相手攻撃された場合に発動する防御効果だが、自分からの攻撃でも発動は可能。
 自爆特攻での戦闘ダメージを抑えつつ、サンアバロンリンクモンスターの共通効果で展開と回復を行える。
 主にリンク先の空きが少なくなっている場合にこのカードと別のサンヴァインを入れ替えたい場合に使うケースが考えられる。

 この手の効果に共通する弱点として、このカード相手がわざわざ攻撃してくれない点にある。
 ただ、サンアバロンリンクモンスター攻撃対象にならない効果があるため、このカードサンアバロンしか存在しない場合、相手は状況打破の為に嫌々ながらこのカード攻撃する状況も考えられる。
 《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》等の効果の発動を封じるモンスターは、(2)(3)に加えサンアバロンリンクモンスター効果発動させてもらえないため天敵である。

  • アニメでのテキストは以下の通り。
    植物族モンスター1体
    (1):このカードが「聖天樹」リンクモンスターのリンク先に存在しない場合、このカードは破壊される。
    (2):このカードを攻撃対象とした相手モンスターの攻撃宣言時、
    リンク先にこのカードが存在する「聖天樹」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
    その攻撃で発生する自分への戦闘ダメージは、
    対象のモンスターのリンクマーカーの数×800ダウンする。
    (3):このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
    そのバトルフェイズを終了する。
    OCGではリンク素材縛りが若干厳しくなり、(2)の減少はリンクマーカーに左右されない半減で固定化された。
    作中で最初に(2)が披露された際に生じた戦闘ダメージが1600であり、上記の通り800を軽減しているため数値上は丁度半減になっている。
    OCGでの(2)の半減指定はこのシーンを参照したのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《聖蔓の守護者》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 地属性 植物族 攻600 サンヴァイン

広告