青眼の混沌龍(ブルーアイズ・カオス・ドラゴン)/Blue-Eyes Chaos Dragon》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守   0
「カオス・フォーム」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
(2):「青眼の白龍」を使用して儀式召喚したこのカードの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの全てのモンスターの表示形式を変更する。
この効果で表示形式を変更したモンスターの攻撃力・守備力は0になる。
このターン、このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編3−で登場した闇属性ドラゴン族儀式モンスター
 儀式召喚でしか特殊召喚できない召喚条件相手効果の対象にならず相手効果破壊されない永続効果《青眼の白龍》を用いて儀式召喚を行った場合に表示形式変更と貫通効果を得る誘発効果を持つ。

 《カオス・フォーム》指定でレベル8のため、出し方は《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》と同じとなっている。
 耐性蘇生不可も共通するなどかなりの部分で重なっているため、基本的な用法もあちらを参照。

 こちらの固有効果として、攻撃宣言時に相手モンスター表示形式を変更し攻撃力守備力ともに0にすることができる。
 貫通持ちかつ両方の数値を下げるため、どちらの表示形式に対しても戦闘破壊と3000ダメージを狙うことができる。
 後続のモンスターによる戦闘も恩恵を受けることができ、《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》自身とも相性がよい。
 0にした数値は戻らないため、拘束力も高く、コンボへの活用幅も広い。
 ただし、リンクモンスター守備表示にできず、これにより攻撃力0にする対象からも外れており、相性が悪い。

 (2)の効果適用させるには「《青眼の白龍》を用いた儀式召喚」が必要となる。
 それが無ければ《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》下位互換になるため、スムーズに条件を満たす工夫が求められる。
 とはいえ、リリースに限らないため、「《カオス・フォーム》墓地《青眼の白龍》除外する」「《高等儀式術》デッキから《青眼の白龍》を利用する」といった状態でも条件を満たすため、さほど難しくはない。
 《ブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴン》を軸とするタイプでも《青眼の白龍》を3枚入れている場合がほとんどで、あちらとほぼ同様の運用でも十分機能する。
 《ドラゴン・目覚めの旋律》でこのカードと同時にサーチするのも有効である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》適用中にこのカード儀式召喚され、その後《スキルドレイン》破壊されました。
  この場合、「《青眼の白龍》を使用して儀式召喚された場合」の効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(20/05/04)


Tag: 《青眼の混沌龍》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守0 ブルーアイズ カオス 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告