絶火の大賢者(マギストス・フレイム)ゾロア》

チューナー・効果モンスター
星4/炎属性/魔法使い族/攻1500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
(2):このカードが「マギストス」モンスターカードを装備した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「絶火の大賢者ゾロア」以外の
レベル4の魔法使い族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

 デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズで登場した炎属性魔法使い族下級モンスターチューナー
 対象にしたマギストスエクストラデッキマギストス装備する起動効果マギストスモンスターカード装備した場合に手札墓地レベル魔法使い族特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)はフィールドマギストスエクストラデッキマギストス装備する効果
 詳しくは同じ効果を持つ《聖魔の大賢者エンディミオン》を参照。
 こちらは(2)に繋げるためにも基本的に自身に装備する事が多いだろう。

 (2)は手札墓地レベル魔法使い族特殊召喚効果
 (1)を始めとした各種マギストス効果発動条件は簡単に作り出せる。
 特殊召喚したモンスター守備表示且つ効果無効化されているので、専ら各種素材に使う事になる。
 《絶火の竜神ヴァフラム》等のレベルシンクロ召喚《結晶の女神ニンアルル》等のランクエクシーズ召喚に繋がる。

 レベル魔法使い族を中心としたデッキに、このカードエクストラデッキマギストス出張させる事も考えられる。
 【霊使い】では、レベル魔法使い族憑依装着などを採用しつつ守備力1500のサポートカードを共有できる。
 レベル魔法使い族縛りを持つ《Emトラピーズ・マジシャン》を中心とした【Em】でも展開に一役買える。

  • 《絶火の竜神ヴァフラム》カード名の元ネタから考えると、カード名の「ゾロア」は「ゾロアスター教」、またはその教祖である「ゾロアスター」が元ネタだろう。
    ゾロアスター教は火を神聖視するため「拝火教」とも呼ばれており、このカード炎属性なのはそこに由来するものだろう。
  • ゾロアスター教は魔術的な概念と結びつけられることが多く、その開祖であるゾロアスターは「魔術師の総帥」「魔術師の祖」などと呼ばれることもある。
    現在推測できるマギストスの背景ストーリーを鑑みると、このカードが「ゾロアスター」の名を由来とするのは上記の要素からだと考えられる。

関連カード

―《絶火の大賢者ゾロア》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《絶火の大賢者ゾロア》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星4 炎属性 魔法使い族 攻1500 守1500 マギストス

広告