千年(せんねん)啓示(けいじ)/Millennium Revelation》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から幻神獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。
(2):魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、自分の「死者蘇生」によって、自分の墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
この効果を発動したターンのエンドフェイズに、
自分は「死者蘇生」の効果で特殊召喚された「ラーの翼神竜」を墓地へ送らなければならない。

 デュエリストパック−冥闇のデュエリスト編−で登場した永続魔法
 幻神獣族手札コスト《死者蘇生》サーチサルベージする効果、自身をコスト《ラーの翼神竜》召喚条件を無視して《死者蘇生》蘇生可能にする効果を持つ。

 (1)は《死者蘇生》サーチサルベージする効果
 幻神獣族手札コストにする必要があり、そちらのサーチ手段は《神縛りの塚》《古の呪文》などに限られる。
 コスト確保が難しいため《死者蘇生》を繰り返しサーチするには向いておらず、三幻神墓地へ送って《死者蘇生》特殊召喚する動きが狙いとなる。
 そのままで対応するのは《オシリスの天空竜》《オベリスクの巨神兵》の二種類で、手札リリース要員を温存しつつ展開できる。
 手札にきてしまった《ラーの翼神竜−不死鳥》墓地に置く用途と割り切ってしまってもいいか。

 (2)は《ラーの翼神竜》召喚条件を無視して《死者蘇生》蘇生できる効果
 (1)を繰り返して使うのは難しいため、このカードを維持せずコストとしてもあまり損はない。
 《死者蘇生》は(1)で、《ラーの翼神竜》《古の呪文》手札に用意できるが、肝心の《ラーの翼神竜》蘇生しても攻撃力守備力共に0のモンスターでしかない。
 《ラーの翼神竜−不死鳥》に繋ぐか、《ゴッド・ブレイズ・キャノン》《太陽神合一》攻撃力を補う必要がある。

 エンドフェイズにはこの効果により墓地へ送られた場合に《ラーの翼神竜−不死鳥》を出す事はできるが、その場合《ラーの翼神竜−不死鳥》効果で即座に《ラーの翼神竜−球体形》を出さねばならない。
 《ラーの翼神竜−不死鳥》を活かすならメインフェイズ中に《ラーの翼神竜》自身の効果リンク素材などに使い墓地へ送るべきである。

 墓地効果未使用の《ガーディアン・スライム》が存在する場合、(2)の効果を使わずあちらを《死者蘇生》蘇生し、《神・スライム》にする方が良い。
 あちらの効果《古の呪文》サーチする事で《ラーの翼神竜》サーチアドバンス召喚が可能になる。

 《暗黒の魔再生》墓地に送っておけば、(1)でサーチした《死者蘇生》コスト《ラーの翼神竜》蘇生できる。
 (2)の効果を使う事なくこのカードを維持できる上、あちらの効果単体除去も行える。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラストの石板は、原作に登場する「《ラーの翼神竜》が描かれた石板」に似ている。
    三幻神のうち《ラーの翼神竜》のみ描かれている、右下に鳥頭の神が描かれている点が共通している。
    このカードイラストにはそれに加えて、原作にはなかった「アンク」が中央に描かれているが、これは《死者蘇生》を意識しての事だろう。
    ペガサスはこの石板に書かれた神官文字を解読できなかったため、特殊な仕掛けを施した上でそのまま書き写している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《千年の啓示》 魔法 永続魔法

広告