戦華(せんか)()諸葛孔(しょかつこう)/Ancient Warriors - Ingenious Zhuge Kong》

効果モンスター
星4/風属性/獣戦士族/攻1000/守2000
このカード名の(1)(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが「戦華」カードの効果でデッキから手札に加わった場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):魔法・罠カードが発動した時、
自分フィールドの表側表示の「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にする。
(3):自分フィールドに「戦華の徳−劉玄」が存在し、モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの表側表示の「戦華」永続魔法・永続罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にする。

 ETERNITY CODEで登場した風属性獣戦士族下級モンスター
 戦華効果手札に加えた場合に手札から特殊召喚する誘発効果フィールド戦華永続魔法永続罠コストとして墓地へ送り魔法・罠カード発動無効にする誘発即時効果《戦華の徳−劉玄》が存在する場合、同様のコストモンスター効果発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 (1)は自身を手札から特殊召喚する効果
 戦華カード効果デッキから手札に加わった場合に発動でき、サーチを実質的なリクルートに変換できる。
 現在これを満たすのは下記を参照。

 (2)は魔法・罠カード発動を、(3)はモンスター効果発動無効にする効果
 (3)は《戦華の徳−劉玄》フィールドに存在する必要があるが、《戦華の徳−劉玄》リクルート効果を持ち展開の起点になれるカードであり並べることは難しくないだろう。
 上述の《戦華の仲−孫謀》《戦華の徳−劉玄》効果リクルートすれば、このカード《戦華の徳−劉玄》を並べることができる。
 妨害性能は高いものの、どちらの効果1ターンに1度でありマストカウンターをしっかり見極めて発動したい。
 また相手依存ではあるものの、相手ターンにも発動できる効果のため、「呉」陣営(水属性)の戦華モンスター効果を誘発できる。

 なお、どちらもコストとしてフィールド戦華永続魔法永続罠墓地へ送る必要がある。
 《戦華史略−三顧礼迎》《戦華史略−十万之矢》墓地へ送られた場合に効果発動できるので消費を抑えられる。
 ただ、他の戦華モンスター効果コストとしてそれらを墓地へ送ることも多く、この効果を毎ターン使うためにはコストを意識して捻出する必要がある。
 特にこのカードの場合、《戦華の美−周公》などと異なり戦華に限られるので、併用する際は意識しておきたい。

  • モデルは三国志において劉備に仕え、のちに蜀(蜀漢)王朝の丞相となった軍師「諸葛亮」だろう。
    字は「孔明」であり、このモンスターの名前はそれを複合させている。
    三国志の物語に絡み始める前から「まだ世に出ていない優れた人物」として「伏龍」「臥龍」と呼ばれており、劉備三顧の礼を以って彼を自軍へと迎え入れた。
    天下三分の計を示し、数々の策略や政策を以て主君の劉備の期待に応え続け、彼が崩御する際には蜀の行く末を託された。
    その後、険悪化していた呉との国交を回復させつつ、魏を討つべく二度の北伐を実行したが、国力差や人材不足に終始悩まされ続け、宿敵・司馬懿との五丈原の戦いの最中に志半ばのまま病死した。
    • 劉備は孔明に関して、「私にとって孔明がいるのは、魚に水があるようなものだ」と評したとされ、この事が「水魚の交わり」の語源とされる。
      (3)の効果に劉備をモデルとする《戦華の徳−劉玄》を必要としているのは、このような親密な間柄の表れだろう。

関連カード

―《戦華の智−諸葛孔》の姿が見られるカード

このカードサーチできるカード

収録パック等


Tag: 《戦華の智−諸葛孔》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 獣戦士族 攻1000 守2000 戦華

広告