堕天使(だてんし)戒壇(かいだん)/Darklord Contact》

通常魔法
「堕天使の戒壇」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「堕天使」モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 ブースターSP−デステニー・ソルジャーズ−で登場した通常魔法
 堕天使モンスター守備表示完全蘇生する効果を持つ。

 守備表示特殊召喚されるのでこのターン攻撃に参加することはできないが、それ以外は様々なコンボに役立つ。
 蘇生候補の筆頭は《堕天使スペルビア》で、追加で他の天使族蘇生できる。
 そちらの効果《堕天使ゼラート》蘇生させれば、相手モンスターを一掃した後でランク8のエクシーズモンスターエクシーズ召喚できる。
 これにより、守備表示攻撃できないデメリット《堕天使ゼラート》自壊するデメリットを同時に打ち消す事ができる。

 堕天使に属する魔法カードなので、墓地にあれば一部の堕天使モンスター効果適用できる。
 その場合、蘇生後にこのカードデッキ戻す処理が挟まるので、「」の任意効果である《堕天使スペルビア》モンスター効果タイミングを逃し発動できないが、《奈落の落とし穴》等の特殊召喚に成功した時に発動するカードを回避できる。

  • 戒壇は、仏教の用語で戒律を授与する場所を意味する。
    イラストを見るに「階段」と「戒壇」をかけているのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画OCGストラクチャーズにおける「出須vsライト月子」戦で出須が使用。
    《堕天使スペルビア》蘇生して、そちらの効果に繋げた。
  • コナミのゲーム作品において―
    「デュエルリンクス」では2019/10/28よりLIMIT2に指定される事が発表された。
    容易に高レベル堕天使モンスターを展開できてしまうカードパワーが問題視され、規制されることとなった。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《堕天使の戒壇》 魔法 通常魔法 堕天使

広告