代行者(だいこうしゃ)近衛(このえ) ムーン》

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/天使族/攻1800
【リンクマーカー:右/右下】
天使族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「天空の聖域」またはそのカード名が記されたカード1枚を墓地へ送る。
フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、
代わりに自分のデッキ・墓地から「神秘の代行者 アース」1体を選んで手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドの天使族モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ストラクチャーデッキR−ロスト・サンクチュアリ− 太陽神光臨パックで登場した光属性天使族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に《天空の聖域》またはそのカード名が記されたカードデッキから墓地へ送る誘発効果天使族リリースする事で相手フィールドのカード破壊する起動効果を持つ。
 1つ目の効果フィールド墓地《天空の聖域》が存在すれば代わりに《神秘の代行者 アース》サーチサルベージする効果に変更できる。

 (1)は《天空の聖域》またはそのカード名が記されたカード墓地送り効果
 《天空の聖域》関連カードの中には墓地《天空の聖域》が存在しても良いカードも多いため、《天空の聖域》墓地へ送ればそれらの補助になる。
 墓地へ送るモンスターとしては、繰り返し蘇生できる《マジェスティ・ヒュペリオン》が最有力となるか。

 フィールド墓地《天空の聖域》が存在すれば代わりに《神秘の代行者 アース》サーチサルベージする効果に変更できる。
 《神秘の代行者 アース》代行者《マスター・ヒュペリオン》サーチ効果を持つため、実質的なサーチ効果に変換できる。
 ただし、こちらを適用するには、このカードリンク召喚する前に《天空の聖域》を用意しておく必要があり、このカードの(1)に頼っていると2体目が前提になるために非常に遅い。
 また、このカード墓地《天空の聖域》があれば良い一方、《マスター・ヒュペリオン》サーチするにはフィールドに必要な点にも注意。

 (2)は相手フィールドのカード破壊
 コストとしてフィールド天使族リリースすることになるため、1:1交換となる。
 コストとしては《神聖なる球体》や(1)でサーチ効果を使った《神秘の代行者 アース》などが適するか。
 高リンクモンスターに繋がない場合には自身をリリースしてしまってもよいだろう。
 ただし、このカードリンク2であり、何も考えず運用すると2:1交換で損をしてしまう。
 とは言え、必要に応じてエクストラデッキから出せ、代行者以外を素材にした場合でも(1)で墓地へ送った《マジェスティ・ヒュペリオン》特殊召喚に繋げることができる。

 難点としては、サーチ要員でありながらリンク2なので、確実に立てられるか不安定であるということか。
 《神秘の代行者 アース》サーチしても、このカードリンク素材を揃える過程で通常召喚を使ってしまっている場合、1ターンのラグが生じてしまう。
 (1)でサーチを行うには下準備が必要な点も含め、このカードだけに初動を依存していると安定性には課題が残る。
 《神の居城−ヴァルハラ》等による通常召喚の温存、《天空の使者 ゼラディアス》等でのリンク召喚前の《天空の聖域》確保等と、併用が望ましいだろう。

 【代行者】以外では《天空の聖域》を無理なく採用できる【雲魔物】でも利用できる。
 《雲魔物−タービュランス》リクルート効果によって簡単にリンク召喚でき、(2)の破壊効果も狙いやすい。
 (1)の効果を活かすべく代行者を組み込んだ構築も考えられる。

  • 他の代行者モンスターはモチーフとなった星が直接背景に描かれているが、このカードの背景は地球であり、月は手持ちの鏡に映っている。
    月が地球の衛星である事を意識したものと思われ、(1)の追加効果地球のサポートとなっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《代行者の近衛 ムーン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 光属性 天使族 攻1800 代行者

広告