地獄大百足(ヘル・センチピード)/Hundred-Footed Horror》

効果モンスター
星7/闇属性/昆虫族/攻2600/守1300
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1300になる。

 Vジャンプ(2013年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した闇属性昆虫族最上級モンスター
 妥協召喚可能な召喚ルール効果妥協召喚した場合に元々の攻撃力を弱体化するルール効果を持つ。

 リリースなしでの召喚が可能だが、相手モンスターが存在する必要がある上に大幅に弱体化してしまう。
 エクシーズ素材シンクロ素材に使うにしても、同じレベル7のモンスターには、フィールドの状態に関係なく召喚できる《可変機獣 ガンナードラゴン》《霧の王》もいる。
 特に、《可変機獣 ガンナードラゴン》リリースなしのセットも可能であり、属性も同じ闇属性で各種ウイルスコストに使える上、元々の攻撃力妥協召喚した場合の攻撃力もこちらより高い。

 そうすると種族を活かして差別化したいところだが、昆虫族にはもっと展開しやすく攻撃力も高い《デビルドーザー》など、最上級モンスターに限っても使いやすいものは他に多い。
 《スキルドレイン》軸の【昆虫族】でなら通常召喚時は最高打点となり、《闇のデッキ破壊ウイルス》などを併用する場合は《デビルドーザー》よりも優先する価値はあるかもしれない。
 一応《闇次元の解放》に対応しているため、除外コストにした後に帰還させてアタッカーに使うことも考えられる。

 レベル7の昆虫族としては最も手軽にフィールドに出せるため、これを重要視する場合は採用の余地があるか。
 例えば、《孵化》によるレベル8の昆虫族リクルートや、《大樹海》で他のレベル昆虫族モンスターサーチする場合のトリガーとした利用である。
 忍者《忍法 変化の術》を利用する場合にも、手札に来た場合も妥協召喚が可能なため、比較的ではあるが腐りにくい点は利点となり得るかもしれない。
 それ以外では、高レベルシンクロ素材ランク7のエクシーズ素材とする等の運用法が取れるが、やはり同レベル・同属性には似た用途でもっと扱いやすいモンスターが多く、【昆虫族】でそれらの運用ができる点がそこまで有用かというと疑問である。

関連カード

収録パック等


Tag: 《地獄大百足》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 昆虫族 攻2600 守1300

広告