超重武者装留(ちょうじゅうむしゃそうる)イワトオシ/Superheavy Samurai Soulpiercer》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守   0
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの
「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを
装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが
守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「超重武者装留イワトオシ」以外の「超重武者」モンスター1体を手札に加える。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した地属性機械族下級モンスター
 手札フィールドから超重武者装備する起動効果装備モンスター貫通能力を与える効果フィールドから墓地へ送られた場合に超重武者サーチする誘発効果を持つ。

 (1)は、各種超重武者装留共通の装備カード効果で、超重武者装備させることにより(2)の貫通効果を付与できる。
 超重武者は全体的に攻撃力が低いため、守備力攻撃に活かせるようにする《反転世界》と併用したり、《超重武者ビッグベン−K》超重武者扱いのシンクロモンスター装備させたい。

 (3)は、フィールドから墓地へ送られた場合に超重武者サーチする効果
 タイミングを逃す事は無いため、《超重武者カカ−C》リンク素材にすれば即座に発動できる。
 他にも、《カメンレオン》《超重武者ホラガ−E》と合わせてシンクロ素材にしたり、《超重武者テンB−N》と合わせてやリリースするといった方法も効果的。
 装備カードの状態から墓地へ送られた場合でも問題なく発動できるため、装備させたモンスターシンクロ素材リリースに使用して強引に使う事も可能である。
 【超重武者】では極めて重要なカードであり、展開の起点となる《超重武者テンB−N》、守りの要となる《超重武者装留ファイヤー・アーマー》チューナー《超重武者ホラガ−E》を状況に合わせて使い分けられる。
 また、《機甲部隊の最前線》《超重武者ビッグベン−K》リクルートできる攻撃力であることもメリットである。

  • (3)の効果には回数制限がない。
    そのため、蘇生などを併用すれば複数枚のサーチが可能。
  • カード名の由来は、武蔵坊弁慶が振るったと言われる薙刀「岩融(いわとおし)」だろう。
    常人には扱い難い異常な大きさで、刃の部分だけでも1m以上あったと言われている。
    しかし、このカードの見た目は薙刀ではなく弓、もしくは弩である。

関連カード

―《超重武者装留イワトオシ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(3)の効果ダメージステップ発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/11/15)


Tag: 《超重武者装留イワトオシ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1200 守0 超重武者 超重武者装留

広告