天空(てんくう)聖水(せいすい)

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから、「天空の聖域」1枚を発動するか、
「天空の聖域」のカード名が記されたモンスター1体を手札に加える。
その後、フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、
自分フィールドの「ヒュペリオン」モンスター及び「代行者」モンスターの数×500LP回復できる。
(2):「天空の聖域」のカード名が記された自分のモンスターが戦闘で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 ストラクチャーデッキR−ロスト・サンクチュアリ− 太陽神光臨パックで登場した通常魔法
 デッキから《天空の聖域》発動するか、そのカード名が記されたモンスターサーチする効果《天空の聖域》カード名が記されたモンスター戦闘破壊身代わり墓地の自身を除外できる効果を持つ。
 1つ目の効果フィールド墓地《天空の聖域》が存在すれば追加でライフ回復できる。

 (1)は《天空の聖域》発動または《天空の聖域》カード名の記されたモンスターサーチ効果
 キーカードである《天空の聖域》デッキからの発動モンスターサーチを使い分けられるため、状況に併せて必要なカードデッキから持ってこられる。

 基本的には、対応するモンスターの条件の面もあるため、《天空の聖域》発動を優先し、存在していればサーチを使うことになるか。
 このカード自体も、《天空の聖域》フィールド墓地に存在し、フィールドヒュペリオン代行者が存在するならある程度のライフ回復まで可能。
 こちらは追加効果の処理順の関係上、このカード《天空の聖域》発動した場合でも適用でき、ライフゲインとして単体機能する。

 モンスターサーチする場合、《天空の聖域》に関する効果を持つ物が対応範囲となる。
 代行者だけでなく、《天空聖者メルティウス》等もサーチ可能であり、それらをサーチできる貴重な手段となる。
 一方で、【代行者】のキーカードでありながら《天空の聖域》に関連しない、《創造の代行者 ヴィーナス》等はサーチできないので注意。

 (2)は《天空の聖域》カード名の記されたモンスター戦闘破壊身代わり効果
 戦闘限定だが、《天空の聖域》カード名の記されたモンスターの場持ちを高められる。
 フィールド《天空の聖域》が存在すればあちらにより戦闘ダメージも防げるため、棒立ちになった《神秘の代行者 アース》等を安全に守れる。

  • 「聖水」とは、普通の水でなく宗教的に聖なるものとされる儀式で用いる水のこと。
    水は多くの宗教で「穢れを祓う」などの意味で用いられるが、これに普通の水ではなく聖水に相当する特別な水を使わなければならない宗教が多い。
    特に、キリスト教の正教会、カトリック教会、聖公会(英国国教会)、一部のプロテスタントなどの教派で、聖職者により聖別(聖化)され洗礼等の儀式や祝福に用いられるものを殊に指して聖水と呼ぶことが多い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《天空の聖水》 魔法 通常魔法

広告