天空(てんくう)宝札(ほうさつ)/Cards from the Sky》

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できず、バトルフェイズを行えない。
(1):手札から天使族・光属性モンスター1体を除外し、自分はデッキから2枚ドローする。

 ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−で登場した通常魔法
 手札から天使族光属性1体を除外し、2枚ドローする効果を持つ。

 天使族光属性モンスター専用の手札交換カード
 天使族の大半は光属性なので発動は容易であるが、既存の手札交換カードに比べると多くの制約が設けられている。
 《神の居城−ヴァルハラ》《アテナ》等、特殊召喚手段が豊富であるにもかかわらず、手札交換を行えても同一ターンに活用できない。
 バトルフェイズ不可のデメリットも豊富な展開力や大型モンスター攻撃力を活かせないのでかなり厳しいところ。
 また、天使族最上級モンスターレベル8が多いため、【神の居城−ヴァルハラ】では《トレード・イン》の方が使いやすい。

 とはいえ、等価交換の手札交換はそれなりに強力なので、デメリットを許容できるデッキを選べば活躍の余地はある。
 あまり攻撃特殊召喚を行わず、相手ターンに依存する【エンジェル・パーミッション】であれば採用も検討できるだろう。
 同様に相手ターンでの特殊召喚が基本となる【アーティファクト】でもデメリットを共有できるので活用はしやすい。
 《天魔神 インヴィシル》《虚無の統括者》等の通常召喚をメインとした【天使族】を組んでみるのも良いだろう。
 その他、《強欲で謙虚な壺》《クロス・ソウル》《カードカー・D》とはデメリットが共有できる。
 あえてこのカードを採用するのなら、自分ターン特殊召喚バトルフェイズは行えなくても仕方ないと割り切り、これらのカードと共にフル採用して強みを生かしていく方向が良いだろう。
 このカード自体も手札交換カードには珍しく1ターンに何度でも発動できるため、フル投入しても手札でダブつくことはない。

 除外した天使族も何らかの形で活用してやりたいが、帰還カードと併用する場合はデメリットにより即効性も失われるため、《奇跡の代行者 ジュピター》等との相性はいまいちである。
 《奇跡の光臨》であれば相手ターン帰還できるため、基本的には《大天使クリスティア》等で妨害を狙うのが良い。
 その他、エンドフェイズ《光神テテュス》特殊召喚できればドローエンジンとしてのシナジーはあるが、1ターン持たせなければならないため相性はあまり良くない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第21話で柚子のデッキに入っている事が確認できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動に対して《精霊の鏡》発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(10/12/16)


Tag: 《天空の宝札》 魔法 通常魔法

広告