天雷震龍(てんらいしんりゅう)−サンダー・ドラゴン/Thunder Dragonlord》

特殊召喚・効果モンスター
星9/光属性/雷族/攻3000/守2000
このカードは通常召喚できない。
雷族モンスターの効果が手札で発動したターン、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
レベル8以下の雷族モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):相手ターンに1度、自分の墓地から雷族モンスターを含むカード2枚を除外し、
自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):自分エンドフェイズに発動できる。
デッキから「サンダー・ドラゴン」カード1枚を墓地へ送る。

 ETERNITY CODEで登場した光属性雷族特殊召喚モンスター
 雷族手札効果発動したターン雷族除外して特殊召喚する召喚条件雷族を含むカード2枚を墓地コスト雷族対象耐性を与える誘発即時効果エンドフェイズサンダー・ドラゴンデッキから墓地へ送る誘発効果を持つ。

 自身の所属カテゴリ召喚条件効果から【サンダー・ドラゴン】が主な採用先となる。
 それ以外では《ネメシス・コリドー》を採用するデッキでも特殊召喚自体は可能。

 召喚条件手札雷族効果発動したターンレベル8以下の雷族除外するというもの。
 【サンダー・ドラゴン】ならば条件を満たすのは容易く、《サンダー・ドラゴン》以外の通常召喚モンスターならば除外時のトリガーにもなる。
 トークンコストにあてる事も可能なので、《太陽電池メン》で生成される電池メントークンも適する。

 (1)は雷族を含むカード2枚を墓地コストにした雷族への対象耐性付与。
 《超雷龍−サンダー・ドラゴン》《雷神龍−サンダー・ドラゴン》は自前で破壊耐性を備えており、それらに付与する事で強固な耐性となる。
 特に《超雷龍−サンダー・ドラゴン》は居座る事で相手サーチ行為を封じられるため、相手からすれば悩みの種となるだろう。
 上記の《ネメシス・コリドー》と共に出張採用した場合は、自身に付与する事で耐性付きの3000打点のモンスターとして利用できる。

 (2)はサンダー・ドラゴンカードデッキからの墓地肥やし
 発動タイミングが自分エンドフェイズと遅いが、上記の《超雷龍−サンダー・ドラゴン》《雷神龍−サンダー・ドラゴン》破壊耐性に必要な墓地コストを用意できる。
 魔法・罠カード墓地へ送れるため、《雷龍融合》墓地へ送って次の自分ターンサーチを行う行為も可能。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《天雷震龍−サンダー・ドラゴン》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星9 光属性 雷族 攻3000 守2000 サンダー・ドラゴン

広告