天龍雪獄(てんろうせつごく)/Ice Dragon's Prison》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして自分フィールドに特殊召喚する。
その後、自分及び相手フィールドから種族が同じとなるモンスターを1体ずつ選んで除外できる。

 RISE OF THE DUELISTで登場した通常罠
 相手墓地モンスター1体を自分フィールド蘇生し、任意で同じ種族モンスターお互いフィールドから1体ずつ除外できる効果を持つ。

 フリーチェーン相手墓地モンスター蘇生できるため、相手蘇生などの妨害ができる。
 さらにお互いフィールドに同じ種族モンスターが存在する場合、お互いフィールドから1体ずつ除外できる。
 相手がある程度種族を統一したデッキを使用している場合、その種族モンスター蘇生し、蘇生したモンスター諸共除外することで、ボード・アドバンテージ墓地アドバンテージフリーチェーンでまとめて奪う事ができる。
 種族が固まりやすいカテゴリを軸とするデッキも多いので、この運用は比較的狙いやすいだろう。

  • 「天龍」の部分は「てんりゅう」ではなく「てんろう」と読む。
    宣言で間違えないように注意。
  • モチーフは「天牢雪獄」か。
    豪雪に埋もれ、行き来も思うようにならない状態を、天の作った牢獄にたとえた言葉である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《天龍雪獄》 通常罠

広告