電脳堺甲(でんのうかいこう)甲々(ジャジャ)/Virtual World Shell - Jaja》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/地属性/幻竜族/攻1000/守2400
レベル3モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは相手ターン終了時まで戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、元々の種族・属性が同じモンスターが自分の墓地に2体以上存在し、
このカードが相手モンスターと戦闘を行ったダメージ計算後に発動できる。
その相手モンスターを除外する。

 PHANTOM RAGEで登場した地属性幻竜族エクシーズモンスター
 自分フィールドモンスター相手ターン終了時までの戦闘破壊耐性を付与する起動効果、元々の種族属性が同じモンスター自分墓地に2体以上存在し、相手モンスター戦闘を行ったダメージ計算後そのモンスター除外する誘発効果を持つ。

 (1)は自分モンスター戦闘破壊耐性を付与する効果
 相手ターン終了時までなので、とりあえず次のターンまでのになる。
 自身にも付与することができ、高攻撃力モンスターとの戦闘でも(2)の発動後に自身だけ生存することができる。

 (2)は戦闘を行ったダメージ計算後相手モンスター除外する効果
 発動条件として元々の属性種族が同じモンスターを2体必要であるが、他の属性種族が存在してもよく、2体のカード名が同じでもよいためそれほど難しくはない。
 自爆特攻すれば能動的に発動でき、上述の通り(1)の適用後であれば、戦闘破壊を回避しつつ除外できる。
 なお相手ターンにも発動できるが、この効果をわかった上で無策で攻撃してきたりはしないだろう。

 (1)で自身に耐性を付与して自爆特攻から(2)を狙うというのは有効ではあるが、メインデッキ電脳堺モンスター効果の発動後に行うのはリスクも伴う。
 残存効果によりリンク召喚が封じられるため、メインフェイズ2でこのモンスターを素材にするのが難しく、返しのターン攻撃表示のこのモンスターサンドバッグにされかねない。
 この点は《電脳堺門−玄武》によりある程度はカバーできるので、是非とも併用したい。

 なお、(2)にはエクシーズ素材が必要ないため、《電脳堺都−九竜》効果特殊召喚した場合でも自爆特攻により効果を活かせる。
 相手モンスター除去した後に他のモンスターで追撃をかける戦術が狙える。

  • モチーフは中国神話に登場する「霊亀」だろう。
    四霊獣の1体であり、甲虫(固い殻や甲殻を持つ生き物)の長とされ、背中の甲羅に「蓬莱山」と呼ばれる山を背負った巨大な亀の姿で伝えられる。

関連カード

―《電脳堺甲−甲々》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《電脳堺甲−甲々》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク3 地属性 幻竜族 攻1000 守2400 電脳堺

広告