禰須三破鳴比(ネズミハナビ)

効果モンスター
星4/炎属性/獣族/攻2000/守 200
このカードは融合・S・X・リンク召喚の素材にできない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
このカードにカウンターを6つ置く。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
このカードのコントロールを相手に移す。
(3):1ターンに1度、カウンターが置かれているこのカードのコントロールが移った場合に発動する。
サイコロを1回振り、出た目の数まで可能な限りこのカードのカウンターを取り除く。
この効果でこのカードのカウンターが全て取り除かれた場合、
このカードを破壊し、自分は2000ダメージを受ける。

 PHANTOM RAGEで登場した炎属性獣族下級モンスター
 各種素材にできない効果外テキスト召喚・特殊召喚に成功した場合に自身にカウンター置く誘発効果エンドフェイズコントロール転移を行う誘発効果コントロール転移された時にサイコロを振り、出た目の数だけ自身のカウンターを取り除き、カウンターが0になった時に自壊してバーンを行う誘発効果を持つ。

 各種素材にできない効果外テキストを持つが、攻撃力下級炎属性最大の2000である。
 攻撃後に《火霊術−「紅」》などのコストにしたり、《炎王炎環》によって破壊するといった動きが可能。
 《炎王の急襲》リクルート《真炎の爆発》蘇生も可能である。
 融合召喚の素材にはできないが、《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》特殊召喚するためのリリースには使え、攻撃力分のダメージを与える事もできる。

 効果はいずれも連動しており、(1)でカウンターを置き、(2)で送りつけ、(3)でカウンターを取り除き、カウンターがなくなれば自壊しその時のコントローラーダメージを受けることになる。
 送りつけた後にカウンターがすぐに全て取り除かれなかった場合でも、各種素材できない制約はあるため、相手に利用されにくい。
 もっとも、コストリリースに使われたり、攻撃されるといったことはあり得る。

 カウンターが6個なくなるまでの確率は最初の(3)の効果では1/6、次の効果では5/9と2回目のコントロール転移カウンターがなくなる可能性が高く普通に使えば自分バーンが発生しやすい。
 《出たら目》と併用すれば1回目の(3)の効果で2/3の確率でカウンターがなくなり、それ以外の場合(2、4が出た場合)は目を1に変えてカウンターを5個残すことで、次の相手エンドフェイズ自分が5以外の目を出せばダメージを受けない状況にできるためリスクを大きく減らせる。
 《No.67 パラダイスマッシャー》なら確実だが同時に並べるのが難しく、同一ターンに複数体発動した場合には1体目にしか対応できない。

 守備力200の炎属性ということで《真炎の爆発》に対応する。
 また《真炎の爆発》効果によるエンドフェイズ除外とこのカードの(2)の効果を好きな順で適用発動することができる。
 そのため除外前にこの効果の(2)を発動すれば、相手が(3)の効果処理を終えた後に除外されるため、次のターンに利用されたり送りつけ返されたりする心配がなくなる。

 同名カードに関する1ターンに1度の制限はないため、同時に複数体展開すれば大量に送りつけ大量バーンということも可能。
 展開の方法としては上述の《真炎の爆発》で展開するのが最も簡単か。
 《出たら目》にも1ターンに1度の制限がないため、併用できれば同一ターンに複数回発動しても全てのサイコロ適用でき、不確実性を数で補うことができる。
 同じくサイコロに関するバーン効果を持つ《ダイス・ポット》コンボするのもよく、あちらの6000バーンとこちらの2000バーンが決まればそれで8000に届く。

  • カード名は、「炎を吹き出すタイプのひも状の花火を円形に組み、点火すると地面を勢いよく走り回ってから破裂する」という「ねずみ花火」を捩った物だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《禰須三破鳴比》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣族 攻2000 守200

広告