破壊(はかい)代行者(だいこうしゃ) ヴィーナス》

チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/天使族/攻   0/守1600
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の墓地から「創造の代行者 ヴィーナス」1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):500の倍数のLPを払い、払ったLP500につき1体、
自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「神聖なる球体」を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

 BATTLE OF CHAOSで登場した闇属性天使族下級モンスターチューナー
 《創造の代行者 ヴィーナス》墓地コスト手札から特殊召喚できる起動効果払ったライフコストに応じて墓地除外ゾーンの《神聖なる球体》特殊召喚できる起動効果を持つ。

 (1)は自身の手札からの特殊召喚効果
 自己特殊召喚効果持ちのチューナーとして扱え素材にできる。
 ただし(2)が使えなくなるので、《神聖なる球体》フィールド墓地にある状況なら、可能な限り別の方法で召喚特殊召喚したい。
 そうした方法が用意出来なかった場合、《創造の代行者 ヴィーナス》を直接墓地へ送った場合、《神聖なる球体》リクルートする前に除去されてしまった場合などの、保険として使う事になるか。
 《創造の代行者 ヴィーナス》を、自身の効果リクルートした《神聖なる球体》と共にリンク素材にして墓地へ送ることで特殊召喚するのも手。
 2・3体目の《神聖なる球体》と共に《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚したり、シンクロ召喚を狙える。

 (2)は《神聖なる球体》蘇生帰還効果
 《神聖なる球体》は大抵《創造の代行者 ヴィーナス》により全て展開されており、墓地除外ゾーンに1枚も存在しないか3枚存在するかのどちらかの場合が多く発動さえできれば一気に4体を並べられるだろう。
 《創造の代行者 ヴィーナス》と異なり1ターンに1度の制限はあるが、自身がチューナーなので特殊召喚した《神聖なる球体》と合わせてレベル5・7・9のシンクロ召喚リンク2〜4のリンク召喚へと繋げられる。
 この効果特殊召喚した《神聖なる球体》デッキボトムに戻るが、むしろ2枚目以降の《創造の代行者 ヴィーナス》効果の再利用が狙える点で好都合と言える。

 (1)と(2)は同一ターンに使えないため、召喚権を要求しやすい《創造の代行者 ヴィーナス》召喚権を食い合ってしまうことと、《天空の聖域》に関する効果を持たないため《天空の聖水》サーチできないことは難点だろう。
 とはいえ特殊召喚手段も豊富にあり、《マスターフレア・ヒュペリオン》コピーしてしまうという手もあるのでうまく運用したい。

  • 金星をモチーフとする代行者が2種登場したのは、金星に「明けの明星」「宵の明星」と、時期によって異なる2つの呼び方が存在することが由来だろう。
  • イラストの背景の天体は左側が光っており、この様な光り方は明けの明星に見られる。
    明けの明星はルシファーの語源であり、このカードと同じ闇属性天使族にはルシファーをモチーフとする《堕天使ルシフェル》が存在する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《破壊の代行者 ヴィーナス》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星3 闇属性 天使族 攻0 守1600 代行者

広告