氷結界(ひょうけっかい)依巫(よりまし)

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「氷結界」モンスターが存在する限り、
相手フィールドの守備表示モンスターは表示形式を変更できない。
(3):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドに「氷結界トークン」(水族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−凍獄の氷結界−で登場した水属性魔法使い族下級モンスター
 フィールド氷結界モンスターが存在する場合に手札から特殊召喚できる起動効果、他に氷結界モンスターが存在する場合に相手守備表示モンスター表示形式変更を封じる永続効果フィールド氷結界モンスターが存在する場合に自身を墓地から除外氷結界トークンを生成する起動効果を持つ。

 (1)は手札からの自己特殊召喚効果
 《氷結界の伝道師》と同様の条件で展開を行え、こちらはあちらのようにデメリットが存在しない。
 各種素材にする他、このカードの(2)の効果のように複数体氷結界モンスターが並んでいることを条件とする効果の適用も狙いやすい。

 (2)は相手フィールド守備表示モンスター表示形式の変更を封じる効果
 守備表示限定であり、表示形式変更自体それほど頻繁に行われる行動ではないため拘束力としては弱い。
 この効果を活かすなら《つまずき》《アイスバーン》等で能動的に相手モンスター守備表示にしたい。
 特に効果も封じ素材利用も著しく制限する裏側守備表示にできる《月の書》《闇の護封剣》等とは相性が良い。
 後者は永続魔法であるため、《氷結界の虎王 ドゥローレン》で使い回すこともできる。

 (3)は氷結界トークンを生成する効果
 自身の効果特殊召喚した後に《聖魔の乙女アルテミス》リンク素材にすることで、墓地へ送ることができれば即座に効果使用できる。
 (1)同様フィールド氷結界モンスターを増やせるため素材や氷結界モンスター効果の適用に役立つ。

 《氷結界に至る晴嵐》とは相性がよく、展開が容易なこのカード氷結界トークンはあちらのコストに当てやすい。
 さらに(3)の効果除外した後あちらの(2)の効果回収すれば改めて展開できる。

 (1)を使用した時点でフィールド水属性が2体揃うので《海晶乙女コーラルアネモネ》リンク召喚でき、《海晶乙女コーラルアネモネ》効果氷結界トークン《海晶乙女グレート・バブル・リーフ》リンク召喚することもできる。

  • 依巫(よりまし)」(「憑巫」とも書く)は「()(しろ)」と同義であり、霊や神が宿る人間をさす。
    「巫」は女性祈祷師のみに用いられる漢字でありそこから「巫女」へと繋がる。

関連カード

―(1)の類似効果

―(3)の類似効果

イラスト関連

―《氷結界の依巫》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《氷結界の依巫》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魔法使い族 攻1000 守1800 氷結界

広告