浮上(ふじょう)/Surface》

通常魔法
(1):自分の墓地のレベル3以下の魚族・海竜族・水族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 GENERATION FORCEで登場した通常魔法
 レベル3以下の魚族海竜族水族モンスター1体を蘇生する効果を持つ。

 《死者蘇生》の数多い下位互換の1つであり、レベル種族は指定されているものの、モンスターノーコスト完全蘇生できる。
 守備表示特殊召喚するためすぐに攻撃はできないが、カードの発動回数・蘇生モンスターの能力・各種素材の利用等に制約は無い。

 蘇生可能範囲では大幅に勝る《戦線復帰》も存在するが、こちらは即効性に優れている。
 《リビングデッドの呼び声》のようにバウンスでの再利用はできないが、その分《黄泉ガエル》自己再生を阻害しないのも利点。
 また守備表示での蘇生は、《魔知ガエル》《かつて神と呼ばれた亀》《氷弾使いレイス》等と相性が良い。
 特にモンスターを並べる必要のある《氷結界の守護陣》サポートカードとして有用。
 発動条件を持つものやシンクロ召喚アドバンス召喚等の要素が混在しうる【氷結界】ではサーチカードの存在もあり柔軟な対応が期待できる。

 《鬼ガエル》との相性に優れ、その効果によって蘇生先を確保できるだけでなく、バウンス効果により間接的なサーチもできる。
 自身を蘇生した場合においても二つの効果を活用しやすく、即効性も相まって等の召喚補助としても有用性が高い。
 他には【リチュア】でも活かしやすく、《リチュア・アビス》からサーチに繋げたり、墓地捨てた《ヴィジョン・リチュア》蘇生してそのまま儀式召喚リリースに使える。
 いずれも《サルベージ》でも同等の動きが共有できるので、使うならこちらも併用したいところ。
 《極氷獣ポーラ・ペンギン》蘇生させることでバウンスが可能であり、チューナーなのでシンクロ召喚などに繋げられる。

 自身は対応しないものの、二つの効果を同時に発揮できる《アームズ・シーハンター》も相性が良い。
 身代わりの融通が利かせやすいため《魔知ガエル》《引きガエル》《オイスターマイスター》等でディスアドバンテージを軽減するコンボも容易になる。

 このように魚族海竜族水族を主軸とするデッキでは活用法の幅は広いカードである。
 ただし、魚族蘇生するのならば、表示形式に制約が無く、レベル4も蘇生可能で同名カードサーチもできる《白の水鏡》が存在する。
 こちらは海竜族水族蘇生できるので種族混合デッキでこそ活きると言える。
 また、単体で能動的効果を活かせるものが少ないので、あくまでコンボ前提のカードというのも念頭に置きたい。

  • アニメZEXALの「遊馬&凌牙&カイトvsDr.フェイカー」戦において凌牙が使用した通常魔法《ディープ・シー・アタック》のイラストでは、このカードイラストの潜水艦が登場している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《浮上》 魔法 通常魔法

広告