()(もど)った死神(しにがみ)

通常魔法
このカード名はルール上「インフェルニティ」カードとしても扱う。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「インフェルニティ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、
自分フィールドの表側表示の「インフェルニティ」モンスターが
相手の効果でフィールドから離れた場合、または戦闘で破壊された場合に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場する通常魔法
 インフェルニティとしても扱う効果外テキスト手札墓地除外のいずれかよりインフェルニティ特殊召喚する効果インフェルニティモンスター相手効果フィールドから離れたまたは戦闘破壊された場合に自身を墓地からセットする効果を持つ。

 (1)は手札墓地または除外されたインフェルニティ特殊召喚
 幅広い範囲から選ぶことができ、蘇生帰還による素材の調達、大型インフェルニティの展開、手札インフェルニティが溜まってしまった時の処理など、【インフェルニティ】においては様々な用途で使用できるだろう。
 特に除外された状態から帰還させて素材として墓地へ送れば再利用にも繋がる。
 対象をとらない効果であるため、《D.D.クロウ》等による蘇生の妨害にもある程度強い。

 (2)は自身の墓地からのセット
 トリガーが若干受動的ではあるものの、一回のデュエルで全く条件を満たさない事はまず無いだろう。
 同名カードターン1制限こそあれ、発動後の除外デメリット等はないため、複数ターンに渡って繰り返し再利用する事も可能。

 インフェルニティとしても扱うため、《インフェルニティ・デーモン》サーチできる。
 あちらをリンク素材などに使い墓地へ送った後に、(1)で《インフェルニティ・ネクロマンサー》蘇生し、そこから《インフェルニティ・デーモン》蘇生することで更なる展開が可能。
 《ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン》除外した《インフェルニティ・ミラージュ》帰還させて再び展開することのも良いだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    モチーフはアニメ5D's『クラッシュタウン編』における、鬼柳京介がイラスト同様ハーモニカを吹きながら闊歩する場面だろう。
    鬼柳がこの登場を行うシーンは2回有るが、カード名からすると、ロットンの罠に嵌められて鉱山に送り込まれながらも戻ってきた、2回目のシーンがモチーフか。
    この場面では「地獄の底から舞い戻ってきたぜ」「オレは再び死神として戻ってきた」との発言と共にロットンの前に再び姿を現しており、これがカード名の元ネタと思われる。
  • なお、クラッシュタウン編で鬼柳が初登場する際も、ハーモニカを吹きながら砂煙舞う荒野から登場し、西部劇調の街並みを歩くというシーンとなっている。
    非常に印象深い再登場だったため、視聴者のみならず、担当声優の小野友樹氏も自身のTwitterなどでよく触れている。
    • 上記の通り強く印象に残る場面であったためか、後のシリーズであるZEXALの天城カイトの初登場場面やARC-Vの「遊矢vs沢渡」(2戦目)での沢渡登場シーンでは、それぞれ口笛・草笛を吹きながらの登場という形でセルフパロディされている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEシリーズでは、デュエル前の演出として、タッグパートナーや対戦相手が意気込みなどの口上を述べるシーンが挿入される。
    TAG FORCE5の鬼柳及びTAG FORCE6のクラッシュタウン版鬼柳の場合、それがアニメのように無言でハーモニカを吹く演出になっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《舞い戻った死神》 魔法 通常魔法 インフェルニティ

広告