変導機咎(へんどうきこう) クロックアーク》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻 600/守1200
【Pスケール:青4/赤4】
(1):自分フィールドのモンスターが、
存在しない場合またはPモンスターのみの場合、
このカードのPゾーンの位置によって以下の効果を適用する。
●左側:このカードのPスケールは3つ下がる。
●右側:このカードのPスケールは4つ上がる。
(2):相手スタンバイフェイズに発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):このカードは中央以外のメインモンスターゾーンに特殊召喚した場合、破壊される。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):相手エンドフェイズに、自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、このカードを自分のPゾーンに置く。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した闇属性機械族下級ペンデュラムモンスター
 以下の2つのペンデュラム効果と3つのモンスター効果を持つ。

 (1)のペンデュラム効果は左右のペンデュラムゾーンで自身のペンデュラムスケールを変化する効果
 左端に置けば1、右端に置けば8となるため、両方が空いていれば状況次第で好きなペンデュラムスケールを選択できる。
 一方、片方が埋まっていた場合は強制的にもう片方となるので、そのもう片方と上手くペンデュラムスケールが合わない可能性もある。
 また、フィールドペンデュラムモンスター以外が存在すると扱いにくいペンデュラムスケール4になるためデッキを選びやすい。
 【ペンデュラム召喚】においても《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》などのリンクモンスターの使用率は比較的高く、それと併用が難しい点は小さくない欠点だろう。

 (2)のペンデュラム効果相手スタンバイフェイズペンデュラムゾーンから特殊召喚する効果
 タイミングは遅いが、発動条件は特になく、特殊召喚後の制約やデメリットも無いため特殊召喚自体は非常に容易い。
 コストに使う事ができ、任意効果なので発動したくない状況では温存すればよい。
 1ターンに1度の制限がないため、ペンデュラムゾーン同名カードが2枚あれば2枚とも特殊召喚できるが、(1)のモンスター効果により基本的にはどちらかが自壊してしまう。
 また、中央の特殊召喚を強いられるので、ペンデュラム召喚リンクモンスターを用いる場合はリンクマーカーの位置に気を配りたい、

 (1)のモンスター効果自壊効果
 この効果により基本的に中央のモンスターゾーン特殊召喚することになる。
 なおエクストラデッキからペンデュラム召喚する場合には、エクストラモンスターゾーンペンデュラム召喚することでも回避できる。

 (2)のモンスター効果戦闘破壊耐性
 (2)のペンデュラム効果特殊召喚する場合、この効果が活きる機会も多いだろう。
 (3)のモンスター効果もこの効果のおかげである程度狙いやすい。

 (3)は相手エンドフェイズペンデュラムゾーンカード破壊し、自身をペンデュラムゾーン置く効果
 自身をペンデュラムゾーン置き改めて、ペンデュラムスケールとして利用できる。
 さらにペンデュラムゾーンカード破壊された場合に効果発動できるものも多いため、それらの発動も狙える。
 なお置くペンデュラムゾーンに指定はないため、破壊したペンデュラムゾーンでないほうが空いているならばそちらに置くこともできる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《変導機咎 クロックアーク》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 闇属性 機械族 攻600 守1200 スケール4

広告