墓穴(ぼけつ)ホール/Gravedigger's Trap Hole》

通常罠
(1):手札・墓地のモンスターまたは除外されているモンスターの効果を相手が発動した時に発動できる。
その効果を無効にし、相手に2000ダメージを与える。

 ETERNITY CODEで登場した通常罠
 手札墓地除外ゾーンで相手発動したモンスター効果無効にして相手に2000ダメージを与える効果を持つ。

 手札墓地除外ゾーンで相手発動したモンスター効果無効にできる。
 昨今は手札誘発墓地発動を用いるデッキが非常に多く、発動機会は多い。
 初期ライフの1/4を削るバーンの数値もかなり大きく、終盤ではエンドカードになる事もあり得る。

 ただし、罠カード故の遅さはよく考える必要がある。
 速攻魔法《墓穴の指名者》に比べて自分の1ターン目に相手発動した手札誘発を防ぐことはできない。
 同じ罠カードならば、ライフコストは必要だが、モンスター効果全般をスペルスピード3で無効化できる上に破壊も可能な《神の通告》という選択肢も存在する。

 こちらは《悪魔嬢リリス》《トラップトリック》サーチ可能な通常罠という点、そしてホールに属する点が強みとなる。
 特に【蟲惑魔】ではサーチサルベージの手段が豊富に存在し、《フレシアの蟲惑魔》で疑似的にデッキからも発動できる。
 奇襲性は薄くなるが、上述したバーンも付属するため、終盤での相手の行動を制限しやすい。
 この点でも《連鎖空穴》がライバルとして挙げられるため、メタ対象や追加効果の違いを考慮した上で、どちらを優先するか決めたい。

  • カード名は、「不利な状況・身を滅ぼす原因を自分で作る事」を意味する慣用句の「墓穴を掘る」と「ホール」を掛けたものである。
  • 《浅すぎた墓穴》の背景に存在していた墓場に、キリスト系の十字の墓が存在しないのは、TCGの海外販売を見越しての対応だと考えられる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《墓穴ホール》 通常罠 ホール

広告