魔界特派員(まかいとくはいん)デスキャスター/Muckraker From the Underworld》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分フィールドの悪魔族モンスター1体をリリースできる。
(2):「魔界特派員デスキャスター」以外の自分の墓地の悪魔族モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターを特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

 DARKWING BLASTで登場した闇属性悪魔族リンクモンスター
 リンク召喚されたターンリンク素材にできない効果外テキスト自分フィールドモンスター破壊身代わり悪魔族リリースする永続効果手札1枚を捨てて同名カード以外の悪魔族蘇生する起動効果を持つ。

 リンク素材縛りは緩く、(1)だけが目当てならば幅広いデッキで採用できる。
 (2)の使用も狙うのならば主に【悪魔族】での採用となる。

 (1)はモンスター破壊身代わり悪魔族リリースする効果
 自身もリリースできるため、とりあえず他のモンスター破壊を1度は防げる。
 貧弱な攻撃力のこのカードから狙われる可能性も高いが、相手に一手間要求するだけでも仕事はしていると言える。
 【悪魔族】ならば他のリリース候補も用意しやすく、墓地効果を持つものをリリースできれば理想的。

 (2)は手札1枚を捨てて悪魔族蘇生する効果
 発動後は悪魔族以外の特殊召喚が封じられるため、純【悪魔族】以外では発動タイミングに気を付ける必要がある。
 単純に見ても1:1交換だが、【暗黒界】のように捨てる行為も利用できればそれ以上のアドバンテージを得られよう。
 なお、効果発動時蘇生先を対象に取り、効果処理時手札捨てる関係上、捨てたモンスター蘇生する動きは取れない点には注意。

 効果外テキストにより、(2)で蘇生したモンスターとでリンク3へ繋げる動きは取りにくい。
 その動きを狙うのならば蘇生帰還で復活させて(2)を使用すると良い。

  • 「キャスター」とは報道番組等で司会・進行を務め、ニュースについてコメントや意見を述べる職業のこと。
    イラストではカメラを持ったモンスターを後ろに、インタビューするかのようにマイクを前方に差し出しており、どちらかというと「リポーター」に近い。
  • 英語名の「Muckraker」は、政治家などの不正や醜聞を暴露して書き立てる記者を意味する。

関連カード

収録パック等


Tag: 《魔界特派員デスキャスター》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 悪魔族 攻1000

広告