冥府(めいふ)執行者(しっこうしゃ) プルート》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星5/闇属性/天使族/攻2300/守   0
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名はルール上「代行者」カードとしても扱う。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地からモンスター1体を除外し、
フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキ・墓地から「天空の聖域」1枚を選んで手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−ロスト・サンクチュアリ−で登場した闇属性天使族シンクロモンスターチューナー
 ルール上代行者としても扱う効果外テキスト墓地モンスター除外する事でモンスター1体を裏側守備表示にする起動効果墓地の自身を除外する事で《天空の聖域》サーチサルベージする起動効果を持つ。
 1つ目の効果フィールド墓地《天空の聖域》が存在すれば誘発即時効果となる。

 シンクロ素材に制限は無いが、《天空の聖域》及び代行者と密接に関わっている。
 【代行者】で最も簡単にシンクロ召喚を行う方法は、《破壊の代行者 ヴィーナス》《神聖なる球体》蘇生帰還させることだろう。
 サーチ効果により必須カードである《神秘の代行者 アース》も扱いやすいチューナーだが、その場合は非チューナーレベル3が必要で選択肢が限られる。
 《創造の代行者 ヴィーナス》は採用しやすいレベル3非チューナーだが、互いに自己特殊召喚手段は持たず、あちらの効果を使えばより豊富なレベルを選べることが課題となるか。
 《死の代行者 ウラヌス》であれば自己特殊召喚レベル変更により融通が利くが、今度は効果前提のレベルが課題となる。

 (1)は効果モンスター裏側守備表示にする効果
 起動効果であっても自分ターンには厄介な効果持ちを裏側守備表示にすることで処理を容易にできる。
 更にフィールドまたは墓地《天空の聖域》が存在すれば誘発即時効果として、《月の書》のように扱え制圧・妨害含む多岐にわたる使い方が可能になる。
 《水晶機巧−ハリファイバー》効果相手ターンでのシンクロ召喚から(1)を発動すれば奇襲性の高い妨害が可能。
 変わったところではこのカードの先出しが必須だが、同じ天使族である《大天使クリスティア》裏側守備表示にして特殊召喚封じを解除して、展開し終えたところでリバースさせ、相手にだけ特殊召喚封じを強要することも可能。
 墓地コストによって墓地天使族の数を調整し、あちらの自己特殊召喚条件を満たすこともできなくはない。

 (2)は《天空の聖域》サーチサルベージする効果
 《天空の聖域》代行者及びその関連カードにとって恩恵があるフィールド魔法であるため、それを手札加えることでそれらの運用を安定させられる。
 天使族なので《宣告者の神巫》エクストラデッキから直に墓地へ送ることができ、あちらが実質的な《天空の聖域》サーチャーとして機能する。
 なお、《パーシアスの神域》《失われた聖域》サーチには対応しないが、サルベージには対応する。
 加えて、能動的に自身を除外しつつ、《天空の聖域》サーチサルベージすることで容易に手札コストを確保できることから、《D・D・R》による帰還に繋げられるのは有難い。

 シンクロ素材縛りのないレベル5のシンクロモンスターでは貴重な相手モンスターに干渉できる効果を持ち、【代行者】以外でも汎用シンクロモンスターとして選択肢となる。
 リバースモンスターを使用するデッキでは、自分モンスター裏側守備表示にする使い方ができる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《冥府の執行者 プルート》 モンスター シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星5 闇属性 天使族 攻2300 守0 代行者

広告