(いのち)代行者(だいこうしゃ) ネプチューン》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻   0/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
自分の手札・墓地から「命の代行者 ネプチューン」以外の「代行者」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
フィールドまたは墓地に「天空の聖域」が存在する場合、
特殊召喚するモンスターを「ヒュペリオン」モンスター1体にできる。
相手ターン終了時まで、お互いにこの効果で特殊召喚したモンスターをリリースできない。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキから「天空の聖域」1枚を手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−ロスト・サンクチュアリ−で登場した光属性天使族下級モンスター
 手札から捨てる事で手札墓地同名カード以外の代行者を(フィールド墓地《天空の聖域》が存在すればヒュペリオンも可)特殊召喚する起動効果、自身が除外された場合に《天空の聖域》サーチする誘発効果を持つ。

 (1)は手札墓地同名カード以外の代行者特殊召喚
 手札墓地の両方に対応する特殊召喚手段は少ないため、代行者限定ではあるが、《神の居城−ヴァルハラ》等を擁する天使族においても有用性は高い。
 フィールド墓地《天空の聖域》が存在すればヒュペリオン特殊召喚可能。
 代行者またはヒュペリオン専用の蘇生魔法カードの様な使い方となるが、《墓穴の指名者》には注意。

 特殊召喚したモンスターにはリリース制限が課せられるためアドバンス召喚に利用できなくなるが、相手壊獣等に除去されないメリットにもなる。
 一方で、《裁きの代行者 サターン》効果の発動ができなくなり相性が悪い。

 (2)は除外された場合に《天空の聖域》サーチできる効果
 ヒュペリオン手札墓地代行者または天使族除外する効果が多く、トリガーとして適する。

 《神秘の代行者 アース》《天空の聖水》によるサーチに対応するため、代行者専用とはいえ、特殊召喚補助としては手札に加えやすい。
 このカード自身のサーチはもちろん、このカードがすでにある状態なら特殊召喚したい代行者サーチできるため、相互に連携しスムーズな展開が可能となる。
 特に、サーチ後に棒立ちになりやすい《神秘の代行者 アース》とは、シンクロ素材等を展開し処理できて相性が良い。
 他にも《天空神騎士ロードパーシアス》《イーバ》《ルイ・キューピット》サーチに対応しており、【代行者】では扱いやすい展開手段となるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《命の代行者 ネプチューン》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 天使族 攻0 守600 代行者

広告