霊魂鳥(エスプリット・バード)巫鶴(かんなぎつる)/Shinobird Crane》

スピリット・効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1500
このカードは特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンに存在し、
このカード以外のスピリットモンスターが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 レイジング・テンペストで登場した風属性鳥獣族下級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚条件誘発効果と、他のスピリットモンスター召喚・特殊召喚に成功した場合にドローする誘発効果を持つ。

 ドロー効果の条件は、自身がフィールドに存在し、なおかつスピリット召喚・特殊召喚に成功した場合。
 自身が特殊召喚できない上、召喚・リバースしたターンエンドフェイズ手札に戻ってしまうため、特殊召喚できないスピリットでは条件を満たしにくい。
 特殊召喚できるスピリットである《大和神》儀式召喚する《霊魂鳥神−彦孔雀》《霊魂鳥神−姫孔雀》トリガーにするといい。
 後者の場合、儀式召喚リリース《和魂》を用いれば複数枚のドロー儀式召喚ディスアドバンテージを抑えることができる。
 ペンデュラムモンスターでもある《カラテ魂 KURO−OBI》などであれば、ペンデュラム召喚で毎ターン特殊召喚が可能な他、自由に特殊召喚できるためドローしやすい。

 このカード《八汰鏡》《伊弉凪》を使い維持する、《霊魂の円環》攻撃を防ぎ、次の自分ターンリバースするといった方法もあるが、ステータスが高くはないため、次ターンまで維持できる可能性も高くはない。

 ただ、召喚権を食う割にリターンは1枚のドローだけであり、手間に見合うかは微妙。
 ドローだけなら《和魂》でも狙える。

 変わった使い方としては、《霊魂鳥神−彦孔雀》および《霊魂鳥神−姫孔雀》儀式召喚時の効果の発動を、カウンター罠カードなどで無効にされるのを防ぐというものがある。
 《霊魂鳥神−彦孔雀》および《霊魂鳥神−姫孔雀》とこのカード効果が同時に発動する点を利用し、チェーン1に儀式召喚した霊魂鳥神の効果チェーン2にこのカード効果という形でチェーンを組めば、仮に相手《神の通告》等を用意していたとしても、最後に発動したこのカード効果しか無効にできない。

  • (かんなぎ)」とは神道において神に仕え、神意を世俗の人々に伝えることを役割とする人々を指す。

関連カード

―《霊魂鳥−巫鶴》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《霊魂鳥−巫鶴》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1500 守1500 特殊召喚不可

広告