六花絢爛(りっかけんらん)/Rikka Glamour》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。
(1):デッキから「六花」モンスター1体を手札に加える。
モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、
さらに手札に加えたモンスターとはカード名が異なり、
元々のレベルが同じ植物族モンスター1体をデッキから手札に加える。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場した通常魔法
 六花モンスターサーチする効果コストとして植物族リリースして発動した場合にはさらにその六花モンスターカード名が異なりレベルの同じ植物族サーチできる効果を持つ。

 《六花の風花》以外の六花魔法・罠カードの共通の効果外テキストとして、カードの発動フィールド植物族コストとしてリリースすることができ、それによって追加効果を得られる。
 六花には自身がリリースされた場合や、植物族リリースされた場合の誘発効果を持つものが多いため、追加効果を狙いつつそれらのトリガーとするとよい。
 このカードに限らず追加効果アドバンテージを得られるものになっているため、リリースによるディスアドバンテージを負うことは基本的にない。
 ただし効果発動無効にされた場合は当然その限りではなく、コスト分余分にディスアドバンテージを負う。

 このカードの場合リリースを行えばサーチ枚数を2枚にできる。
 2枚目にサーチするカードは1枚目の六花モンスターレベルが同じでカード名が異なる植物族でなくてはならないため、現状レベル1・4・6・8の植物族に限られる。
 またレベル六花モンスター《六花のひとひら》のみであるため、それをサーチした場合必然的に2枚目は六花モンスター以外の植物族になる。

 六花以外のサーチ先としてはレベル1の《コピー・プラント》レベル6の《ギガプラント》などか。
 手札では腐りやすい植物姫などのレベル植物族《六花精スノードロップ》と一緒にサーチすることで効果特殊召喚できる。
 墓地が肥えているならレベル4の《レクンガ》サーチするのも面白い。
 《聖種の地霊》なら《聖天樹の幼精》リンク召喚に繋ぎ、展開することも狙える。

  • カード名の由来は「きらびやかに輝き、華やかで美しい様子」を表す「豪華絢爛」+「六花」か。
    • 英語名の「Glamour」は「魅惑」「魅力」などの意味になる。
      日本語で「グラマー」と言った場合専ら豊満な容姿の女性を指すが、英語にそのような限定的な意味は無く広い意味での魅力を指し、物に対しても使われる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手《相乗り》効果適用しているターン自分植物族リリースして《六花絢爛》を発動しました。
  《相乗り》の「1枚ドローする」処理は何回適用されますか?
A:ご質問の場合、自分は《六花絢爛》の効果で2回デッキから手札に加える処理を行いますので、相手《相乗り》効果によって2枚ドローします。(20/03/09)


Tag: 《六花絢爛》 魔法 通常魔法 六花

広告