六花精(りっかせい)スノードロップ/Snowdrop the Rikka Fairy》

効果モンスター
星8/水属性/植物族/攻1200/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルは
ターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場した水属性植物族最上級モンスター
 自分フィールド植物族コストとしてリリース手札から自身と他の植物族1体を特殊召喚する起動効果自分フィールド植物族レベル対象とした自分フィールド植物族モンスターと同じにする起動効果を持つ。

 (1)は手札からの展開効果
 植物族コストとしてリリース手札から特殊召喚する点で《六花精ボタン》と一致しているためあちらも参照。
 こちらはさらにもう1体植物族特殊召喚し、効果の発動植物族以外を特殊召喚できなくなる制限が発生する。
 もう1体展開できる点はメリットにもなるが、必ず手札にこのカードともう1体植物族が必要な点でデメリットにもなる。
 幸い植物族であれば良く、同名カードでも良いため、デッキ植物族比率さえ高いならあまり問題にならないだろう。
 《六花絢爛》ならこのカードと他の植物族を同時にサーチできるが、この場合この効果コストと合わせて2体植物族リリースが必要になる。

 (2)はフィールド植物族レベルを統一する効果
 六花レベルがバラけているため、エクシーズ召喚サポートとして有用に働く。
 (1)の効果特殊召喚したなら、もう1体植物族フィールドにいるので、このカードまたはもう1体とレベルを合わせてエクシーズ召喚につなげることができる。
 ただ、その場合制約があるので、エクシーズ召喚先は、六花エクシーズモンスターにほぼ限られることになるだろう。
 それ以外だと、六花レベルモンスターを簡単に出せるので、もう1体素材が必要だが《妖精騎士イングナル》エクシーズ召喚も狙える。

 容易にエクシーズ召喚を狙える一方で効果発動後の制限から【植物族】以外では扱いにくく、【植物族】での運用が基本となる。
 また、コスト・自身・特殊召喚する植物族で3枚分の消費が必要なため、エクシーズ召喚を妨害されれば大きなディスアドバンテージとなる。
 運用にあたっては事前の伏せカード除去など、入念な露払いが重要となる。

  • カード名の由来はヒガンバナ科の「スノードロップ」だろう。
    その名に違わず、冬に咲く特徴を持つ花である。

関連カード

―《六花精スノードロップ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《六花精スノードロップ》 効果モンスター モンスター 星8 水属性 植物族 攻1200 守2600 六花

広告