憑依覚醒(ひょういかくせい)−ガギゴバイト/Awakening of the Possessed - Gagigobyte》

効果モンスター
星5/水属性/爬虫類族/攻2000/守 200
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは自分フィールドの表側表示の、
魔法使い族モンスター1体とレベル4以下の水属性モンスター1体を墓地へ送り、
手札・デッキから特殊召喚できる。
(2):このカードの(1)の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ送る。
その後、お互いにデッキから1枚ドローする。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「水霊術」カードまたは「憑依」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 PHANTOM RAGEで登場した水属性爬虫類族上級モンスター
 魔法使い族下級水属性墓地へ送る事で手札デッキより特殊召喚できる召喚ルール効果、この方法で特殊召喚に成功した時に相手手札ランダムで1枚墓地へ送りお互いドローする誘発効果フィールドから墓地へ送られた場合に水霊術憑依サーチできる誘発効果を持つ。

 (1)は手札デッキより自身を特殊召喚する効果
 基本的な特殊召喚方法は《憑依装着−エリア》に準ずるが、こちらは魔法使い族全般が使える代わりに水属性下級モンスターに限定されている。
 このため、《水霊使いエリア》で奪ったレベル5以上のモンスターレベルを持たないモンスターは利用できない。

 【霊使い】では、魔法使い族が存在する場合に特殊召喚できる《ジゴバイト》を用いるのが最も簡単に出す方法だろう。
 相手墓地下級水属性が存在すれば《清冽の水霊使いエリア》を用いても出せるが、水属性デッキを選ばず採用されるモンスターは少ないので期待値は低い。
 【水属性】に汎用魔法使い族を、逆に【魔法使い族】に相性の良い水属性を採用する方法も良い。
 個別のカードでは《クリスタル・ガール》が相性が良く、このカード特殊召喚のために墓地へ送られた後に即座に自己再生でき、そのままリンク召喚から(3)に繋げられる。
 《マーメイド・シャーク》《サイレント・アングラー》サーチして特殊召喚し、《マーメイド・シャーク》《サクリファイス・アニマ》に変換すれば手札1枚からの特殊召喚が可能。
 水属性魔法使い族下級モンスターが多い【リチュア】【氷結界】でも《水霊術−「葵」》と共に採用が検討できるか。

 (2)は(1)で出した場合にのみ使えるハンデスお互いドロー効果
 お互いドローするため相手ディスアドバンテージにはならないが、自分ドローのみを行えるため、(1)のディスアドバンテージをすぐに補える。
 ただし、ランダムハンデスなので墓地コスト効果墓地へ送られた場合の効果を持つものを選んでしまい逆利用されるリスクはある。
 なお、「捨てる」ではなく「墓地へ送る」なので、未界域暗黒界などには逆利用されない。
 また、ハンデスドローは同時ではないため、墓地へ送られた時に発動できる時の任意効果タイミングを逃す

 (3)はフィールドから墓地へ送られた場合の水霊術憑依サーチ効果
 他の憑依覚醒同様【霊使い】ならサーチ先に困らない憑依カードかあるいは水霊術フィールドから墓地へ送られたという緩い条件でサーチできる。
 《水霊術−「葵」》ピーピングハンデスという汎用性の高い効果であるため、【水属性】全般で扱いやすい。
 その場合、(1)による特殊召喚が難しいなら《ユニオン・キャリアー》などでフィールドに用意し魔法&罠ゾーンから墓地へ送るのもよい。

関連カード

イラスト関連

(1)のどちらの条件にも該当する水属性魔法使い族下級モンスター

収録パック等


Tag: 《憑依覚醒−ガギゴバイト》 効果モンスター モンスター 星5 水属性 爬虫類族 攻2000 守200

広告