憑依連携(ひょういれんけい)

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から守備力1500の魔法使い族モンスター1体を選び、
表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
自分フィールドのモンスターの属性が2種類以上の場合、
さらにフィールドの表側表示のカード1枚を選んで破壊できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「憑依」永続魔法・永続罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドに表側表示で置く。

 ストラクチャーデッキ−精霊術の使い手−で登場した通常罠
 守備力1500の魔法使い族手札墓地から特殊召喚し、特定条件下では追加で単体除去を行える効果墓地憑依永続魔法永続罠自分フィールド表側表示置く効果を持つ。

 (1)は手札墓地から守備力1500の魔法使い族特殊召喚する効果
 《憑依解放》と異なりリクルートはできないので下準備は必要だが、【霊使い】における特殊召喚先は豊富。
 表示形式も選べるため、レベル霊使いのようなリバースモンスター裏側守備表示で出す事でリバース時の効果を狙える。

 自分フィールドに複数の属性が存在すれば更に表側表示カード1枚を追加で破壊できる。
 上記の効果表側攻撃表示特殊召喚すれば1つの属性は稼げるので、もう1つ別属性が存在すれば条件は満たせる。
 フリーチェーンカード故に相手ターンの妨害や制圧にも役立ち、「憑依覚醒」モンスターサーチできるため手札にも加えやすい。
 《精霊術の使い手》であれば自分ターンにこのカードセットし、任意の属性霊使い憑依装着サーチできるため、何かしらモンスターが他にいれば相手ターン除去が可能となる。

 (2)は墓地憑依永続魔法永続罠自分フィールド表側表示置く効果
 《憑依覚醒》《憑依解放》は共に霊使い憑依装着強化及び破壊耐性を付与できるので、戦線維持が格段にしやすくなる。
 相手除去効果攻撃宣言時に発動すれば、身を守る事にも使えよう。
 いずれも公開情報墓地にあるため不意をつく事は難しいが、相手の行動を牽制する事は十分に可能。

 2つの効果は1ターンにどちらか片方しか発動できない点は注意。
 (1)のカードの発動無効化された場合は同一ターンに(2)を発動できるが、《D.D.クロウ》等で(1)を不発にされると(2)も発動できなくなる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《憑依連携》 通常罠 憑依

広告