烙印(らくいん)気炎(きえん)

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札のモンスター1体を相手に見せ、そのモンスターと同じ種族で、
攻撃力または守備力が2500のレベル8融合モンスター1体をEXデッキから墓地へ送る。
その後、以下の効果を適用できる。
●見せたモンスターを捨て、「アルバスの落胤」1体または
そのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。
(2):このターンに融合モンスターが自分の墓地へ送られている場合、エンドフェイズに発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

 BURST OF DESTINYで登場した速攻魔法
 公開した手札と同種族で特定のステータスを持つ融合モンスターエクストラデッキから墓地へ送り、その後任意で公開したモンスター捨てた上で《アルバスの落胤》またはそのサポートモンスターサーチできる効果融合モンスター墓地へ送られたターンエンドフェイズに自身をサルベージできる効果を持つ。

 (1)は融合モンスター墓地送りと任意でのサーチ
 前半の効果のみを適用する場合、墓地効果を持つものを送ってその効果を使うか、何らかの墓地融合融合素材として利用する形となる。
 ドラゴン族墓地効果を持つ該当するモンスターが多く、《アルバスの落胤》とも種族サポートを共有できるため相性が良い。
 【デスピア】で使う場合はシャドールとの混合構築にした上で《エルシャドール・ネフィリム》墓地へ送ると良いか。

 後半の効果も利用する場合は【アルバスの落胤】かそれに寄せた構築での運用となる。
 現状のサーチ先は《アルバスの落胤》《黒衣竜アルビオン》《白の聖女エクレシア》の3種であり、いずれも【アルバスの落胤】における重要度は高い。
 捨てられた公開したモンスター墓地融合融合素材として利用できれば理想的か。

 (2)はエンドフェイズの自己サルベージ
 【アルバスの落胤】ではトリガー自体は緩い部類だが、同一ターンの制限により(1)をそのままトリガーとする事はできない。
 基本的には次のターン以降に融合モンスター墓地へ送られた場合にサルベージできる効果と認識しておけば良いか。
 《アルバスの落胤》手札コスト等で直接墓地へ送った場合はそのターンでのサルベージも可能となる。

  • 「気炎」とは「燃え盛る炎のように威勢が良い」ことを意味する単語で、「熱血」とほぼ同義である。

関連カード

イラスト関連

(1)に対応するレベル8の融合モンスター

 ※墓地効果エクストラデッキから墓地へ送られた場合でも発動適用可能なものに限る

収録パック等


Tag: 《烙印の気炎》 魔法 速攻魔法 烙印

広告