【スターダスト・ドラゴン(スラッシュ)バスター】

デッキの概要

 《スターダスト・ドラゴン/バスター》特殊召喚し、フィールド制圧するデッキ
 一度特殊召喚に成功してしまえば圧倒的な制圧力でフィールドコントロールできる。

《スターダスト・ドラゴン/バスター/Stardust Dragon/Assault Mode》
効果モンスター
星10/風属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
「バスター・モード」の効果及び 
このカードの効果でのみ特殊召喚する事ができる。
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時、
この効果を発動するためにリリースされ墓地に存在するこのカードを、
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
また、フィールド上に存在するこのカードが破壊された時、
自分の墓地に存在する「スターダスト・ドラゴン」1体を特殊召喚する事ができる。
《スターダスト・ドラゴン/Stardust Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードの(1)の効果を適用したターンのエンドフェイズに発動できる。
その効果を発動するためにリリースしたこのカードを墓地から特殊召喚する。
《バスター・モード/Assault Mode Activate》
通常罠
(1):自分フィールドのSモンスター1体をリリースして発動できる。
そのモンスターのカード名が含まれる「/バスター」モンスター1体を
デッキから攻撃表示で特殊召喚する。 

デッキの構築

 《スターダスト・ドラゴン/バスター》を出すためには《バスター・モード》《スターダスト・ドラゴン》が必要だが、《サイキック・リフレクター》など【バスター・モード】のギミックがあれば容易に準備できる。
   ただしリリースして一時的にフィールドから離れる点から、他の無効効果を持つカードより場持ちが良い一方、ガラ空きになった場に展開を許せば次のターンが回ってこない恐れすらある。

メインデッキモンスターについて

キーカード

《バスター・モード》/バスターの関連カード

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

スターダスト

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

/バスターの関連カード

スターダスト《スターダスト・ドラゴン》サポートカード

―その他のカード

デッキの種類

《スキルドレイン》

 《スターダスト・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン/バスター》《スキルドレイン》の影響を受けずに無効化できる点を利用し、モンスター効果を封じる《スキルドレイン》との併用でより強固な制圧盤面を狙う型。
 《アーケイン・ファイロ》による《バスター・モード》サーチ《スキルドレイン》の影響を受けないため、手札から特殊召喚可能なレベル6の《聖刻龍−トフェニドラゴン》などを組み合わせることでシンクロ召喚《バスター・モード》サーチを狙える。
 効果による展開が封じられるため、《サイキック・リフレクター》よりは《アーケイン・ファイロ》《ネクロイド・シンクロ》による展開が行いやすいか。
 攻撃力の高いSinモンスターなどを併用すればフィールドが空く隙も補える。

《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》

 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》を用いて先攻展開を行う。

条件:フィールドレベル7、手札《サイキック・リフレクター》+1枚
最終盤面:《スターダスト・ドラゴン》効果破壊耐性リンク4、《ヴァレルロード・S・ドラゴン》《バスター・モード》

  1. レベル7を特殊召喚後、《サイキック・リフレクター》召喚《バスター・ビースト》サーチ
  2. 《バスター・ビースト》捨てて《バスター・モード》サーチし、《サイキック・リフレクター》効果《バスター・ビースト》レベル7にして蘇生
  3. 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》エクシーズ召喚し、4体のバトル・イーグル・トークン特殊召喚
  4. 《No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク》《サイキック・リフレクター》《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚し、《ゾンビキャリア》リクルート
  5. バトル・イーグル・トークン《ゾンビキャリア》《スターダスト・ドラゴン》シンクロ召喚
  6. バトル・イーグル・トークン2体で《I:Pマスカレーナ》リンク召喚し、《I:Pマスカレーナ》《水晶機巧−ハリファイバー》リンク4をリンク召喚
  7. 手札を1枚デッキトップに置いて《ゾンビキャリア》自己再生させ、バトル・イーグル・トークン《ヴァレルロード・S・ドラゴン》シンクロ召喚

 《スターダスト・ドラゴン/バスター》効果によってフィールドががら空きになりやすい弱点を、妨害能力や耐性を持つモンスターと並べることで補える。
 フィールドに用意するレベル7は《天威龍−アシュナ》《天威龍−ヴィシュダ》なら特殊召喚しやすく、コンボの途中で効果も使用できるため相性がいい。

デッキの派生

 他の/バスターと異なり自分ターン特殊召喚するギミックが不要であり、相手除去を防ぐ手段が自身に備わっているため、レベル8のシンクロ召喚ができるデッキならば出張気味な構築も可能。

【闇黒世界−シャドウ・ディストピア−】

 《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》によって闇属性となった《スターダスト・ドラゴン/バスター》《バスター・スナイパー》リリーストリガー《闇黒の魔王ディアボロス》自己再生させる。
 フィールドが空く点を補い、《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》効果コストとして相手モンスター除去することで《スターダスト・ドラゴン/バスター》戦闘破壊の回避も狙える。
 《闇黒の魔王ディアボロス》自分ターンでしかリリースコストを払えないため、《悪魔嬢リリス》等の相手ターンリリースできるカードも合わせて採用したい。

【スピードロイド】

 風属性シンクロ召喚を得意とするスピードロイドWWを併用する型。
 《サイキック・リフレクター》召喚しておくか、風属性以外を特殊召喚できなくなる制約が発生する前に《緊急テレポート》を使うことで《バスター・モード》を準備できる。
 《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》と並びやすいため、《スターダスト・ドラゴン/バスター》リリースした後に攻め込まれやすい点や、攻撃力が上のモンスターにも対抗しやすい。

【スクラップ】

レベル8中心のシンクロ召喚テーマであるスクラップを軸にした型。
《スクラップ・ドラゴン》での蘇生を駆使すればレベルシンクロモンスターを安定してシンクロ召喚でき、 《水晶機巧−ハリファイバー》リクルートした《スクラップ・ゴブリン》《スクラップ・ワイバーン》リンク召喚し、《スクラップ・ゴーレム》リクルートすれば《スターダスト・ドラゴン》シンクロ召喚が可能。

このデッキの弱点

 《スターダスト・ドラゴン/バスター》の展開が命題である以上、【シンクロ召喚】の弱点が全て刺さる
 また《スターダスト・ドラゴン/バスター》リリースするため、フィールドモンスターが存在しない状況になりやすく、直接攻撃を受けやすい。
 《スターダスト・ドラゴン/バスター》は、リリースされ墓地へ送られたところを《墓穴の指名者》除外されると、発動した効果無効にできない上、蘇生できなくなる。
 他にも突破できない高攻撃力モンスターや、壊獣《超融合》といった除去手段にも注意が必要であるため、環境を読んだ構築やマストカウンターの判断など高いプレイングスキルを要求される。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告